お知らせ

寄宿舎三大行事 サマーフェスティバル

7月20日(火)寄宿舎三大行事の一つ「サマーフェスティバル」を開催しました。
今年度は「盛りあがろう!にぎわいと皆の笑顔で夏の暑さを吹き飛ばせ!」をテーマとし、
釣り・射的・輪投げの3つに分かれて屋台を開きました。
準備から子どもと指導員が一丸となって進め、当日はたいへん盛り上がったサマーフェスティバルとなりました。

 

 

 

 

お知らせ

1学期終業式 晴れ

 20日 1学期が無事に終わりました。新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、一部制限が続く中でしたが、ほぼ予定通りに学習を進めることができました。梅雨明けしてから、夏本番の暑さが続いています。熱中症に気をつけて、有意義な夏休みを過ごしましょう。第2学期始業式は、8月26日です。

 

 「夏休みは、いろいろなことに挑戦しよう」           七夕展の表彰

 

            終業式は、小学部と中・高等部別に実施しました。

                  家庭訪問・病院訪問学級はリモートで式に参加しました。

 

         生徒指導部の先生方より         よつの葉フェスティバル生徒実行委員会より
    「事故に気をつけよう」
          テーマとテーマ曲発表!!

 

お知らせ

寄宿舎 花火大会 夜

7月14日 寄宿舎にて毎年恒例の花火大会を行いました。
夏といえば花火!手持ち花火や噴き上げ花火をみんなで楽しみました。
自分で手持ち花火に火をつけることをチャレンジする舎生や、
噴き上げ花火を見て歓声を上げる舎生など、大いに盛り上がった花火大会でした。笑う

 

 

 

お知らせ

国産食材活用メニュー ~福島県産の伊達鶏 ラタトゥイユ~  家庭科・調理

 食パン 大豆もやしのサラダ きのこスープ オレンジ 牛乳  

<栄養技師の池田さんから> にっこり

伊達鶏は、1985年に、福島県の伊達地方で生まれた鶏です。
「調理がしやすく、おいしい鶏肉がほしい」という、料理人の想いから生まれた伊達鶏は、その味と歯ごたえに特徴があります。

伊達鶏は、鶏が自由に動き回れる環境で、特別に作られたエサを与えるため、鶏がより健康に育つことができます。このように育てることで、お肉のコクとうま味、また、やわらかな歯ごたえを引き出しています。

県内外でも伊達鶏の人気は高く、現在は伊達市を中心に、福島県内と、宮城県でも育てられています。

今月は2回に分けて、国産食材を活用した献立が登場しました。どちらも、コロナウイルスの影響により、使用が少なくなってしまった食材を提供いただいたものです。みなさんには、日本で作られた食材には、おいしいものがたくさんある、ということを知ってもらえたら嬉しいです。
さて、1学期の給食もあと一週間となりました。暑い日が続きますが、しっかり食べて、元気に過ごしましょう。

お知らせ

作業製品頒布会 

 高等部作業学習では、古紙再生でメモ帳と油取りを作っています。14日は、恒例となっている頒布会を開催しました。週4時間の活動ですが、生徒たちは一人ひとりの得意分野を生かして一生懸命に取り組んでいます。ひらめき

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

学期末の1コマ①晴れ

来週、1学期終業式です。校内の様子を紹介します。

 

       小学部は、少し暑いこの日、校庭で水遊び。気持ちよさそうでした。

  

   中学部2ブロックの音楽では、家庭訪問学級とリモートでつないだ授業か行われていました。

            高等部は、来週予定しているスポーツ大会の事前学習で、生徒会長が競技の説明をしていました。

 

中学部4ブロックでは、浴衣姿で夏祭りの定番、綿あめ作りをしていました。興奮・ヤッター!

お知らせ

寄宿舎 食事のマナー   夜

7月7日(水)16:40より、第1回食事のマナーを行いました。
食事のマナーについて、正しい姿勢や、茶碗の持ち方などを学び、
実際に茶碗を使って持ち方を確認しました。
夕ご飯では、学んだことを意識しながら食べる姿が見られました。

 

 

お知らせ

スクールカウンセラー「こころの授業」 眼鏡

 ふくしま子どもの心ケアセンターの協力を得て、本年度もカウンセラーによる「こころの授業」を実施しています。今回は、「自分のいいところを見つける」をテーマに、小・中・高等部別に行いました。また、リラックスの方法として深呼吸や体の力を抜くことなども学びました。今後、個別の相談会や教員対象の研修会など予定しています。

 

 

お知らせ

本日の給食 国産食材活用メニュー 給食・食事

    ごはん タイの煮つけ ツナサラダ 揚げじゃがゴマみそがらめ みそ汁

(栄養技師の池田さんから)

 きょうは国産食材活用メニューということで、提供いただいた愛媛県産のタイが登場しています。愛媛県はタイの養殖(人が魚を育てること)に力を入れていて、生産量は全国でもトップクラスです。天然のタイにも負けないくらい、おいしく育てられています。
 タイはお祝い事にかかせない魚でもあります。また、「エビでタイを釣る」や、「腐ってもタイ」などのタイにまつわることわざもたくさんあり、日本の文化とも深く結びついていることがわかります。

 ではここでクイズです。タイの寿命(どのくらい長く生きるか)は、何年でしょう?次の3つから選んでください。
 ① 5年
 ② 10年
 ③ 20年

答えは決まりましたか?正解は③の20年です。育つ環境にもよりますが、40年生きるタイもいるそうですよ。とても長生きですね。

 

お知らせ

寄宿舎 生活委員会  晴れのち曇り

6月28日(月)生活委員会でラディッシュの収穫を行いました。

生活委員会の活動として、ナスやラディッシュ、鑑賞花等の種植えをしました。

毎日の水やりを忘れずに行い、見事収穫することができました。とれたてのラディッシュは、マヨネーズやドレッシングをつけて食べました。辛い物に当たった舎生もいましたが、自分たちで育てたこともあってか、みんな「美味しい!」と喜んでいました。ピース

 

 

お知らせ

初任者研修 研究授業スタート 会議・研修

 今年度、本校には4名の初任者が配置になりました。4月から特別支援教育センターでの研修や指導教員中心の校内研修など継続しています。配属となっている各クラスでは、担任教諭とティーム・ティーチングで日々の授業づくりについて実践しています。先週、今週と第1回目となる研究授業を行いました。多くの教職員が参観し、事後研究会で活発な意見交換が行われました。グループ

 

          中学部 生活単元学習「学部集会の準備をしよう~魚をつくろう~」

 

                 小学部 日常生活の指導「あさのせいかつ」

 

               小学部 生活単元学習「あわで にじをつくろう」

 

               小学部 生活単元学習「ボールとおともだちになろう」

お知らせ

高等部 産業現場等における実習 

 高等部の前期実習がスタートしました。2・3年生は、市内外の企業、事業所の協力を得て校外での実習を、1年生は、校内実習に取り組んでいます。卒業後の姿を描きながら、それぞれに頑張っています。

 

  

お知らせ

摂食指導研修会・病理講習会 会議・研修

 今年度は、福島整肢療護園の主任言語聴覚士である作山先生を招き、「摂食指導の基礎知識」について全職員で研修しました。主に摂食・嚥下機能、摂食機能の発達、嚥下障害について学びました。リモートによる講義でしたが、大変分かりやすく解説していただきました。 安心・安全な給食をめざし、子どもたちの食べる楽しみを大切にしながら、児童生徒一人一人の発達と学びの段階に応じた指導・支援をしていきます。

 

お知らせ

OJL ~摂食指導、AT機器、GIGAスクールに関する教材・教具の使用・活用方法~

 校内にある摂食指導、AT機器、GIGAスクールに関する教材・教具の使用方法について、教員間でともに学び合うOJL(On the Job Learning)を行いました。少人数で数回に分け実施し、チームや学部組織のメンバーとコミュニケーションを通して、教え合い、学び合いました。この機会を生かして、積極的に教材・教具の活用を図っていきます。ひらめき

    摂食指導に有効な食具について          スイッチ教材を生かそう

 

     「GIGAスクール構想」推進においては、ICTをどのように授業に取り入れていくべきか?

 

                  タブレット端末の活用推進!!

 

   平支援学校の職員打合せは、Chat中心         視線入力について体験中

お知らせ

校内ウォークラリー   3ツ星

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のために残念ながら中止となった小学部の遠足ですが、3ブロックでは、「お楽しみ会」を設定し、ウォークラリー形式で様々なミッションをこなしていく活動を行いました。 アクアマリンふくしまを再現したかのような校内で、タッチプールで、本物のタコに触れたり、マリントンネルをくぐったり、魚に餌を与えたり、クイズに挑戦したりと、様々な体験活動を繰り広げなから、友達や教師と楽しくかかわっていました。ピース

 

     暗闇水族館の中で・・・  本物みたい!!

     学部主事持参 本物の「タコ」だよー

                あおぞら号・よつの葉号に乗って 出発!!

 

     お店屋さんでお菓子をゲット

お知らせ

いわき・相双地区高等学校青少年赤十字連絡協議会 春季総会
『コロナでも“今”自分たちにできる活動を考え実行』期待・ワクワク

 本年度は、本校がいわき・相双地区の事務局を担当します。
    新型コロナウイルス感染症拡大の防止のため、リモートで春季大会を開催しました。平工業 磐城第一 東日大昌平 いわき総合 勿来工業 平商業の各高校をつなぎ、本年度の事業計画、予算など審議しました。また、日本赤十字社福島支部の佐藤先生からコロナ禍の献血事情についてと、デフバスケットボール日本代表でもある本校の越前教諭から、「コロナ禍における聴覚障がい者からのメッセージ」と題した講演を聞きました。活動制限のある中ですが、地区テーマにある、今 できる活動に期待しています。

 

お知らせ

ふたば未来学園高校との交流  音楽

 高等部(2~4ブロック)とふたば未来学園高校との交流会が行われました。今年度は、残念ながらリモート交流の形となりました。ふたば未来学園高校は、スペシャリスト系列・福祉を履修している10名が参加しました。お互いの自己紹介をした後、交流ダンスやイントロクイズ、学校紹介クイズなどで親睦を深めました。

 

 

お知らせ

同窓会総会・成人を祝う会の中止について

 令和3年度同窓会の総会・成人を祝う会ですが、新型コロナウイルス感染症の拡大により、会員の皆様の健康と安全を考慮し、残念ながら中止とします。

 【R3同窓会】総会中止.pdf

お知らせ

英語を楽しく学ぼう!! 

 今年度もALTが来校しています。小学部2ブロックでは、ゲームをしながら楽しく英語でコミュニケーションしていました。笑う 大人気のカーター先生は、1~6校時までフルで各学部の授業に臨んでいました。

 

 

お知らせ

高等部生徒会総会

 今年度の生徒会総会は、5月25日に全生徒参加で開催しました。家庭訪問学級については、テレビ会議で総会に臨みました。生徒会長から、今年度の事業計画と予算が提案され、原案どおりに可決し、活動が正式にスタートしました。

 

      各HRからの出席報告                 議長の大任は、1年生!!

 

  リモートで、校内外に発信中!

お知らせ

摂食指導学習会 給食・食事

 安心・安全な給食をめざしている本校では、摂食指導も肢体不自由特別支援学校の専門性の一つとして大切にしています。毎日の給食では、子どもたちが安心・安全に食べることにより、多様な感覚に働きかけることができ、食べる楽しみや喜び、満足感、情緒の安定等を育むことが期待できます。本日は、摂食指導委員会が中心となり、実技を行いながら、基礎的な学習会を開催しました。これからも、関係機関との連携・協力を得ながら一人一人の実態に合わせた摂食指導を心掛けていきたいと思います。

 

お知らせ

寄宿舎  買い物体験

  5月19日(水)帰舎後、寄宿舎食堂にて買い物体験を行いました。

   実際に「晴レル家」に買い物に行く予定でしたが、あいにくの雨だったので舎外に出るのは中止し、舎内にて実施することになりました。
指導員がエプロンと三角巾を身につけ店員を演じ、生徒はリアルな雰囲気の中で買い物体験をすることができました。
自分で選んだメニューを自分でお金を支払い手に入れて食べるおやつは、ひと味違った嬉しく美味しいものだったようです。

 

 

お知らせ

児生会(小学部児童会・中学部生徒会)総会 グループ

 令和3年度総会がリモート形式で開催されました。会に先立ち、本年度の学級役員などが任命されました。
 総会では、今年度の事業計画・予算・各委員会活動の計画が提案・報告されました。コロナ禍で活動制限の日々は続きますが、小学部児童、中学部生徒が力を合わせて、工夫しながら取り組んでほしいと思います。

お知らせ

生徒作品集

 今回は高等部の生徒作品を何点か紹介します。美術や学級で作成した力作です。美術・図工

 

 

 

 

 

 

お知らせ

寄宿舎  舎生会総会 夜

5月12日(水)16時より、寄宿舎食堂で「舎生会総会」を行いました。
各委員会からの活動報告もあり、舎生全員で寄宿舎の生活や活動について確認し合う良い機会となりました。
今年度もひとりひとりが自分の意見を出し合える雰囲気を作りながら、有意義な寄宿舎生活にしていきます。

 

 

お知らせ

産業現場等における実習説明会 

 5月7日に高等部の保護者対象に現場実習説明会を開催しました。
 今年度は、前期実習が6月21日~25日 後期が10月11日~15日の予定で実施します。3年生は、進路決定に向けて、1・2年生は自己の進路適性や進路選択へ向けて大切な機会となります。しっかり取り組むことができるように保護者の皆様には、ご協力のほどよろしくお願いします。

 

お知らせ

JRCボランティア部 春季総会

 4月30日に開催しました。活動計画全体についての話し合いと、顧問教師からは青少年赤十字に関する説明がありました。今年度は、平支援学校がいわき・相双地区の事務局校として、他校との連絡・調整を図りながら、JRC・ボランティア活動の充実につとめます。にっこり

 

 

         

               

お知らせ

生活安全講話

 連休を前にした4月30日にいわき中央警察署生活安全課の協力を得て開催しました。
 社会生活のきまりをはじめ、スマートフォン等のSNSやゲーム利用、インターネット、YouTube等のネットマナーや危険性について具体的に学びました。生徒たちは、被害者、加害者にならないためにどのようすれば良いかをしっかり考えていました。 

 

         

 

 

お知らせ

 保護者・関係者の皆様へ

       授業参観・学校説明会・父母と教師の会総会中止のお知らせ

 新型コロナウィルス感染症の拡大により、4月30日に予定しておりました授業参観とPTA総会は中止とさせていただきます。どうぞご理解ください。下校時間については、11時35分とさせていただきますので、ご協力をよろしくお願いいたします。

                                       令和3年4月23日

                                          平支援学校長  

 

お知らせ

入学おめでとう会 3ツ星

小学部 入学おめでとう会を開催しました。
今年度は、4名の児童が小学部の仲間入りしました。
新入生は、自己紹介後にグループ対抗のゲーム大会や全体でダンスをするなど
楽しい時間を過ごしました。

 

 

 

 

 

お知らせ

中学部新入生歓迎会 キラキラ

 4月22日に本校プレーモールで行いました。コロナ禍の開催となりましたが、距離を十分にとり、予定時間を大幅に短くして実施しました。少し緊張している様子も見られた新入生でしたが、新しい先生たちのパフォーマンスを見て、楽しく参加することができました。早く友達や先生の顔を名前を覚えて、有意義な中学部生活を送ってほしいと思います。

 

          

 

 

お知らせ

本日の給食 給食・食事

 15日から小学1年生も給食が始まりました。本日は、入学・進級「お祝い献立」です。
 鮭ごはん 青じそ入り鶏つくね 塩昆布和え みそ汁 ロールケーキでした。

 

お知らせ

「家庭の交通安全推進員」の委嘱  グループ

いわき中央警察署地域課平窪駐在所の方が来校し、小学部6年生に「家庭の交通安全推進員」の委嘱を行っていただきました。これは、道路の歩行やシートベルトの着用などを正しく行う「家庭の交通安全推進員」を警察署から委嘱されたものです。6年生の皆さん、交通事故防止に気をつけ、みんなのよきお手本となってください。

 

 

 

 

お知らせ

寄宿舎「入舎式」 

 4月7日(水) 寄宿舎にて「入舎式」が行われました。
 新入舎生代表から、「みんなで支え合いながら生活をします。」と誓いの言葉がありました。今年度は新中学部1名、新高等部1名を仲間に迎え、1年がスタートします。みんなで協力して楽しい寄宿舎生活にしましょう。 

 

 

お知らせ

令和3年度 お祝い 入学式

 小学部4名、中学部8名、高等部9名が入学しました。今年度は、病院訪問学級、家庭訪問学級もリモートで式に参加し、担任の呼名に応えていました。

 

 

<式 辞>

例年になく早い春の訪れとなり、平窪の山々にも若葉が芽吹き、新緑の季節となりました。ただいま入学されました、小学部四名、 中学部八名、高等部九名の皆さん、入学おめでとうございます。心より歓迎致します。また、今日まで大切に育てられ、はれて入学式を迎えられました保護者の皆様におかれましては、お喜びもひとしおのことと存じます。誠におめでとうございます。

新入生の二十一名の皆さん、在校生はじめ先生方は、皆さんが入学してくることを楽しみにしていました。みなさんは、これから始まる学校生活への期待に胸をふくらませていることと思います。同時に、不安や心配もあることでしょう。でも、優しく、頼りになる上級生や先生たちが一緒にいます。困ったときにはいつでも周りの人に助けを求めてください。ともに学び、ともに遊び、ともに喜び合いましょう。

さて、入学生の皆さんには学校生活をより楽しむために、お願いが二つあります。一つは、あいさつです。あいさつは人と人とがふれあいのはじまりです。目と目を合わせたり、言葉や手足、全身を使ったりして「おはようございます。」、「こんにちは」と、あいさつをしましょう。二つ目は、自分でできることを増やして、しっかりと身に付けることです。家族や学校、病院、福祉事業所の方々の支援を受けながら、進んで勉強や運動を頑張り、自分でできることを増やしていってください。平支援学校の校訓は、「明るく、正しく、たくましく」です。ともに、明るく正しくたくましい学校生活をつくっていきましょう。

終わりに、本日ご臨席をいただきましたP父母と教師の会会長様はじめ、ご家族の皆様に心より感謝申し上げます。昨年度からの教職員一丸となって、感染症への対策を講じながら子どもたちの学びの場を守ってきています。本年度も学校は「子どもとともに」、「地域とともに」、「なかまとともに」を合い言葉に心を一つにして、子どもたちの可能性と幸せを求めて、教育活動を展開していく所存です。本校に対し、なお一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げまして、式のことばといたします。

                                 令和3年4月7日

                                  福島県立平支援学校長 柳沼 哲  

お知らせ

令和3年度着任式・第1学期始業式 グループ

 今年度、柳沼校長先生はじめ、24名の教職員が着任しました。新学期スタート初日の着任式とその後に続く始業式は、完全リモート形式とし、児童生徒は、各教室で式に参加しました。始業式では、健康に気をつけること、手洗いなどの習慣化、何事にも挑戦することの大切さなどについて校長先生から話がありました。新しい環境で戸惑うことも多い4月ですが、自分らしさを大切にしながら頑張っていきましょう!!

 

 

お知らせ

東京2020オリンピック・パラリンピック 聖火リレー参加 キラキラ

「フラシティ いわき ゴール セレモニー」の祝賀イベントでいわき市内の特別支援学校4校(本校・いわき支援・くぼた校・富岡支援)共同で記念フラッグを作りました。 いわき市の文化センターにある石碑にある、山村暮鳥さんが作った『おうい雲よ/ゆうゆうと、馬鹿にのんきそうじゃないか/どこまでゆくんだ/ずっと磐城平の方までゆくんか』の言葉より、各校「雲」をイメージとしたコンセプトで統一感ある作品となりました。聖火リレーでは、本校の6年生がサポートランナーとして参加し、南海キャンディーズ「しずちゃん」の後方を走りました。
 

お知らせ

令和2年度 修了式 グループ

 3月23日に小学部・中学部で行いました。高等部については、先週18日に行いました。
 今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響により、学校生活全般に制限せざるを得ない状況でしたが、リモートによる学習や集団の分散化など、新しい生活様式のもと、工夫しながら授業を行いました。明日から春休みとなります。体調管理に気をつけて、元気に新学期を迎えましょう!

 

         小<修了証書授与>                  中<学年皆勤賞>

お知らせ

お祝い 令和2年度卒業証書授与式 

3月17日 小学部7名 中学部8名 高等部4名が卒業しました。
新型コロナウイルス感染症拡大防止のために、参加者を制限しての開催となりましたが、病院訪問学級、家庭訪問学級の卒業生は、初めてリモート参加し、卒業生全員そろって卒業証書授与ができました。4月からの新生活に向けて、それぞれのステージで充実した日々を過ごしてほしいと思います喜ぶ・デレ

 

  

 

 

令和2年度福島県立平支援学校卒業証書授与式 式辞

  暖かな春の日差しが日に日に益し、桜の便りも今年は早く届いている今日の佳き日に、令和二年度 福島県立平支援学校 卒業証書授与式を挙行できますことは、誠に喜ばしい限りであります。

 本校の小学部、中学部、高等部、それぞれの全課程を修了し、只今、卒業証書を授与された小学部7名、中学部8名、高等部4名の皆さん、御卒業おめでとうございます。

また、お子様の健やかな成長と自立を願い、深い愛情を注いでこられました保護者や御関係者の皆様のお喜びもひとしおのことと、心からお祝い申し上げます。

 さて、今年度は、東日本大震災から十年の節目に当たります。また、四月から五月にかけて、非常事態宣言による一斉臨時休業がありました。平坦な道ではありませんでしたが、そのとき、できることを、みんなで考え、多くの優しさに支えられながら、一歩、一歩、前へ進んできました。そのため、本校の子供たちには、「誰かのために、自分も何かをしたいという気持ち」が、しっかりと育っています。

 小学部卒業生の皆さん。皆さんは、六年間、友達や先生と一緒に勉強をがんばってき

ました。みんなと一緒に学ぶ楽しさやできるようになる喜びを知りました。中学部でも、いろいろな学習に取り組み、友達や先生と一緒に楽しいことをたくさん見付けてください。

 中学部卒業生の皆さん。皆さんは、三年間、友達や先生と、たくさんの体験を伴う学習を通して、多くのことを学んできました。学習発表や児童生徒会などにも、みんなで協力をして取り組むことができました。高等部では、夢や希望をもって、将来の進路実現のため、仲間とともに、自分の良さをさらに見付けられるよう、しっかり学んでください。

 高等部卒業生の皆さん、小学部からこの学び舎で学んできました。そして、高等部の三年間は、その集大成であったと思います。楽しい思い出は、限りなく、たくさんできたことでしょう。一方で、始めにお話ししたとおり、災害や感染症への対応が必要なときもありました。不安になったこともあったと思います。しかし、家族や先生方に支えられながら、一つ一つ困難を解決し、成長してきました。また、「周りの人のために、自分ができることはないかを考える」優しさと強さも身に付けました。これから皆さんは、社会に羽ばたきます。これからも、自分らしく、周りの人を明るくする笑顔をもち、それぞれの場所で活躍してください。

 本校の校章には「太平洋の荒波は わたしたちの試練 種々(しゅじゅ)の困難がいかに降りかかろうと 松の若芽にこめたわたしたちの願いは 無限の可能性を秘め 力強く成長します」という思いが込められています。どうぞこれからも、その精神を大切に受け継いでください。  

 最後に、皆さんには、「感謝」と「挑戦」の言葉を贈ります。皆さんは、お父さんやお母さん、御家族、友達や先生、地域の方々の支えがあって、この日を迎えられました。「ありがとう」の感謝の気持ちを胸にとどめ、勇気をもって、前へ踏み出しましょう。挑戦してこそ、その先に希望があります。自分の力を信じて、それぞれの夢に向かって歩んでください。

 結びに、本日お忙しい中、御臨席賜りました、御来賓並びに保護者の皆様に御礼を申し上げ、式辞といたします。

 

                              令和三年三月十七日

                                   福島県立平支援学校長 根本 健一

お知らせ

ラップ発表会 ~言葉とリズムで伝えよう!!~ 音楽

高等部2ブロックの音楽では、日頃からよく耳にし、体育のダンスでも使用されている「ヒップポップ」を取り入れ、『ラップ』を学習しました。リズムの特徴や曲想を体全体で感じ取りながら、自分の思いを速さに合わせて表現しました。3ツ星 

普段は絵本の読み聞かせをしている先生もラップ読みで・・・                        自己アピール リズムに合わせて

 「さる・るるる  チェゲラッチョ!!」

お知らせ

各種表彰式 グループ

卒業式予行の前に各種表彰を行いました。
学年皆勤賞、高校生新聞社賞、高等学校青少年赤十字表彰、全国特別支援学校文化祭肢体不自由校長会長賞、福島県高文連優秀個人賞などが授与されました。受賞した皆さんおめでとうございます。卒業式は、いよいよ来週17日です。卒業生も在校生も体調を整えて、当日を迎えましょう。

 

 

お知らせ

和楽器に親しもう!! 音楽

 小学部2ブロックの音楽では、『うれしいひなまつり』を教材に、五人囃子が奏でる和楽器について学びました。高等部音楽科の教師を招き、ひな祭りの話を聞いた後、 たいこ、鼓、笛など日本古来の楽器について知りました。子どもたちは、目を輝かせながら、興味をもった楽器に触れるとともに、音を奏でていました。

 

                 うれしいひなまつり』合奏タイム

お知らせ

文部科学大臣表彰 にっこり 

 今年度、高等部教職員が受賞しました。本校では、ボランティア活動に力を入れています。生徒会活動やJRC、高文連など様々な機会を通じ、生徒が掲げている、「障がい者目線のボランティア・お互いさま」と言うキーワードをもとに、教職員全体でボランティア活動への指導・支援を行っています。

 

お知らせ

作業学習 ~3学期頒布会開催~ 美術・図工 

高等部作業班では、2・3ブロックで「油取りパック」と「卓上カレンダー」を作っています。8日に頒布会を行いました。年間を通して、うちわ(1学期)や牛乳パックの材料提供ありがとうございました!

 

 

お知らせ
お知らせ

小学部卒業生おめでとう会 お祝い

 3月1日に開催されました。コロナ禍の今年度は、体育館と自立活動室、プレイモール、教室での分散開催となりました。あっという間の6年間だったと思います。卒業式は、3月17日に小・中・高そろって行います。

 

 

お知らせ

寄宿舎卒業生を送る会 お祝い 夜

 今年度は寄宿舎を卒業する舎生は、中学部1名、高等部1名おり、在舎生から卒舎生へお祝いの気持ちを込めたメッセージビデオを、卒業生からは寄宿舎生活の思い出を綴ったスライドショーと一緒に感謝の言葉がありました。中には「寄宿舎は第2のお家です。」といったメッセージもあり、寄宿舎指導員が全員、目頭を熱くする場面もありました。寄宿舎にたくさんの思い出を残してくれた卒業生2人を、在舎生、指導員ともにこれからもずっと応援していますよ。

 

 

お知らせ

中学部卒業生を送る会 お祝い

 2月25日(木)に体育館で行われました。今年度は中学部8名が卒業します。3年間の思い出をスライドで振り返りながら、学部行事をしめくくりました。3月3日には、全員が高等部入学者選抜試験を受験します。毎日、模擬面接実施中。ノート・レポート

 

 

お知らせ

高等部卒業生を送る会 お祝い

 卒業シーズンに入りました。本校では、各学部それぞれに「卒業生を送る会」が行われます。24日は、高等部が送る会を開催しました。コロナ禍であるため、メイン会場となる視聴覚室と各教室をリモートでつなぎ、卒業生への感謝の気持ちを送りました。卒業生一人一人の挨拶では、感極まって涙を流し、言葉を詰まらせながら、本校の思い出を話してくれた生徒もいました。4月からの新しい生活を応援します!!

 

 

お知らせ

令和2年度校内研究全体会  

校内研究テーマ「各教科の指導の充実~新学習指導要領をふまえて~」

 2月17日(水)本校教職員が今年度取り組んだ研究についての報告会を開催しました。各ブロック、寄宿舎から研究の成果が報告されました。


 ①新学習指導要領や各教科の「見方・考え方」についての理解を深めるとともに、②「身に付けさせたい力」を明確にした授業改善を進めることで、児童生徒一人一人に③系統的・発展的な指導を行うことで、④指導の充実を図る。 


 

 

 

 

お知らせ

学校評議員会 会議・研修

 今年度最後の学校評議員会を開催しました。
 学校評価結果の報告、進路状況について説明し、評議員の皆様から貴重なご助言をいただきました。コロナ禍の状況は、来年度も続きそうですが、感染対策を万全にし、地域の皆様の期待に応えられるように努めていきます。

 

 

お知らせ

福島県沖地震について(2/13)

 福島県内では、震度6・5の地震が発生しました。学校には大きな被害はありませんでしたが、ご家庭で被害等があった場合などは、担任(学校)までご連絡ください。今後も大きな余震があるかも知れません。十分にご注意ください。
 道路状況、家屋の被害等で登校できない場合はご連絡ください。

(欠席とはしません)

お知らせ

特別支援教育振興会いわき支部役員会(連絡会)

 2月12日に本校で開催されました。特別支援教育振興会いわき支部は、障がいのある児童生徒の教育の充実、広く市民の皆様の理解と協力を得ることに努め、特別支援教育の振興に資することを目的としています。
 今年度は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、各種事業が中止となってしまいましたが、いわき市内の特別支援学校4校への事業補助・支援は例年どおり行われ、教材・教具の整備や災害対策、広報誌の作成などに活用させていただきました。ご支援・ご協力くださいました多くの皆様に感謝いたします。ありがとうございました。

 

お知らせ

校内美術作品展美術・図工
本校、児童生徒の作品展を開催しています。
図工や美術、生活単元学習、自立活動の時間に制作した力作ばかりです。いわき市小・中学校版画展に出展したものや高等学校文化連盟主催の作品展に応募したものなど、絵画や版画、陶芸その他、多数展示されています。高等部の生徒作品の中には、文部科学省発行の季刊「特別支援教育」に掲載されたものもあります。

 

 

     

 

 

 

 

お知らせ

豆まき ~寄宿舎~

寄宿舎にて節分の行事を行いました。
豆まきや柊鰯(ひいらぎいわし)の意味や由来を知り、また今年は124年振りに
2月2日が節分ということでその理由もわかりました。
サプライズで登場した鬼!と一緒に生徒自身各々が思う自分の「心の鬼」を退治
しました。翌日立春を迎えて、春がもうすぐそこですね。

 

 

お知らせ

1月25日(月)から29日(金)まで学校給食週間です。
「各地のご当地メニューを味わおう!」

29日(金)福島県
「県産和牛」 「桃」

 福島牛は、県内で生産された、特に肉質の良い牛肉のことです。今回使用する福島牛は、県から提供を受けたものになります。風味豊かでやわらかい、福島自慢の牛肉です。
 福島県の代表的な農産物である桃は、全国生産の20%を占めます。盆地ならではの夏の暑さで、おいしい桃が作られます。

お知らせ

寄宿舎 ホットスナック総選挙 花丸

1月27日(水)寄宿舎のおやつに、BIGポークフランクが出ました!
これは過日の「ホットスナック総選挙」で、複数あるホットスナックの中で一番の人気でした。
みんなで投票し選んだこともあって、とても盛り上がったおやつの時間となりました。

お知らせ

1月25日(月)から29日(金)まで学校給食週間です。
「各地のご当地メニューを味わおう!」

28日(木)愛知県 「菜飯」「みそおでん」

     大根の産地である愛知県では、葉の部分も活用して、ごはんに混ぜ込んで食べていました。給食では、大根の葉の代わりに小松菜を使用します。

   みそおでんで使用するみそは、八丁みそと言い、愛知県では一般的にみそです。原料は、大豆と塩、水のみで、特定の原料や製法で作られたみそだけを八丁みそと呼ぶことができます。

お知らせ

1月25日(月)から29日(金)まで学校給食週間です。
「各地のご当地メニューを味わおう!」 

27日(水)新潟県 「きりざい」「にこもん」

    きりざいは、新潟県の魚沼地方で食べられている郷土料理です。「きり」は切ること、「ざい」は野菜のことで、細かく切った野菜を混ぜたものを指します。納豆の具として取り入れました。

    にこもんは、 「のっぺ」とも言い、しょうゆ味の煮物のことです。

お知らせ

1月25日(月)から29日(金)まで学校給食週間です。
「各地のご当地メニューを味わおう!」

26日(火)沖縄県

 「タコライス」「もずく」「パイナップル」

タコライスは、メキシコ料理のタコスとごはんを組み合わせた沖縄料理です。

スパイシーに味付けしたひき肉(タコミート)とレタスなどの野菜、チーズとトマトソースを合わせ、

ごはんの上にのせて食べます。もずくとパイナップルは、沖縄県の特産物です。

お知らせ

「書の世界」

校内書き初め展が催されています。
冬休み中や3学期始めに書いた児童生徒の力作が展示されています。

 

 

 

お知らせ

1月25日(月)から29日(金)まで学校給食週間です。
「各地のご当地メニューを味わおう!」ということで、全国各地の郷土料理や特産品を
使った献立が続きます。今週は、毎日紹介します。

 25日(月)和歌山県「すろっぽ」

    高野山で有名な高野豆腐(凍み豆腐)を使った料理です。すろっぽは、大根とにんじんをせん突きという道具で細長くし、油揚げと煮た料理です。「千六本」(せんろっぽん)がなまって、「すろっぽ」になったと言われているそうです。

 

お知らせ

早期教育相談教室「音楽

 今年度4回目となる就学前教室を開催しました。今回は、2歳から年長までの7名のお子さんが参加しました。自由遊びの後の「おあつまり」では、獅子舞いが登場。少し驚きながらも獅子の動きに興味津々に見入っている様子が印象的でした。

 

 

お知らせ

英語で話そう!! 興奮・ヤッター!

 ALTのオースティン・カーター先生が今年初来校しました。

 児童生徒たちは、ゲーム形式で進む英語の授業に目を輝かせながら参加し、カーター先生と積極的に英語でコミュニケーションを図っていました。

 

お知らせ

令和2年度文部科学大臣優秀教職員表彰 

 本校高等部教職員が生徒のボランティア活動への指導・支援の功績が認められ、文部科学大臣表彰を受けました。12日にリモートによる表彰式が行われました。

 

お知らせ

第3学期 始業式  学校

1月8日(金)から全学部第3学期がスタートしました。

 始業式は、新型コロナウイルス感染症防止のため、各教室へ配信するリモート形式で実施しました。 

 学習活動の一部制限はありますが、体調に気をつけて、学年のまとめをしっかりしてほしいと思います。

 

お知らせ

令和3年度高等部入学者選抜における「募集要項」を掲載しますので、ご覧ください。

なお、本校高等部の教育相談を希望される方は、本校高等部へお問い合わせください。

 募集要項PDFのダウンロードはこちら

お知らせ

冬休みへ グループ 

 24日(木)第2学期終業式を行いました。小学部と中・高等部に分かれて開催しました。
新しい生活様式のもと、新型コロナウイルスに負けず、3学期元気に会いましょう!!

 冬休み12月25日(金)~令和3年1月7日(木)

          生徒指導部 劇団「ティチャーズ」による冬休みの過ごし方

お知らせ

パラサイクリング体験教室

 一般社団法人日本パラサイクリング連盟といわき市スポーツコミッション事務局の支援と協力を得て開催しました。パラサイクリングの現役選手3名の方々といっしょに、乗車体験や競技自転車の操作などの体験を通じて、スポーツを生涯に渡って親しむことの楽しさを学びました。笑う

 

お知らせ

高等部 冬季スポーツ大会 

 冬季スポーツ大会を開催しました。今年度は新型コロナウイルス感染症の影響で、夏の大会が中止となり、学部全体の行事を制限せざるを得ない状況でした。学期末の22日は、久しぶりに生徒会全体行事として開催し、シューティングボッチャやダンスなど楽しみました。イベント

 

お知らせ

クリスマス会 

 学期末を迎え、校内では2学期反省会やお楽しみ会などが行われています。

18日は、小中学部4ブロックのクリスマス会が催されていました。記念日

校長サンタが登場し、子どもたちは、いっしょにダンスをしたり、プレゼントを受け取

ったりして、とても嬉しそうでした。

 

 

お知らせ

産業現場等における実習報告会

 高等部全学年が市内外の企業・事業所のご協力を得て実施した実習のまとめとなる、「産業現場等における実習報告会」を開催しました。生徒たちは、各自の実習について振り返るとともに、友達の発表を聞きながら、様々な職場や施設、事業所等の仕事内容や活動について知ることができました。1、2年生にとっては今後の、進路選択へ向け大事な報告会となりました。発表の様子は、リモートで校内に配信しました。中学部の生徒は、近い将来を意識していました。

 

お知らせ

寄宿舎 ウィンターフェスティバル笑う

12月9日(水)午後4時より、毎年恒例の「寄宿舎ウインターフェスティバル」が行われました。
今年は3チームでの巨大オセロ対決となり、オセロ盤上のクイズに正解するとマスをGETできるといった内容でした。クイズの作成、チーム毎の応援旗の作成、衣装作りと、準備の段階から盛り上がり、
当日はウインターフェスティバルテーマ「みんなでひらめけ!勇気をもって対決だ!」を掲げ、各チームが一丸となって熱戦を繰り広げました。お忙しい時間を割いて保護者の方々が多数お越しくださり、
生徒の闘志(?)がさらにパワーアップしました。

お知らせ

クリスマスプレゼント

 イオンいわき店より店長の秋山様とサンタ、トナカイが来校。本校児童生徒に一足早いクリスマスのプレゼントを贈っていただきました。突然のサンタ訪問に小学部の子どもたちは、大喜びでした。校外学習においても、いつもご配慮いただいています。ありがとうございました!!笑う

 

 

 

お知らせ

ボッチャボール寄贈 

 株式会社ラジオ福島様より「第43回通りゃんせ基金キャンペーン」に寄せられた募金から、本校にボッチャボールが寄贈されました。
 来年に迫るパラリンピックに向けて、児童生徒たちもボッチャ競技に大変興味をもちながら体育の授業に取り組んでいます。新しいボッチャ用具を使用することによって、大会と同じ形で、同時に2か所でゲームを展開することができるようになります。多くの児童生徒がボッチャを経験でき、さらに技術の向上を目指し、友達と力を合わせてゲームをする楽しさや喜びを味わうことができることによって、生涯スポーツにもつながると思います。ありがとうございました。

                          (深野アナウンサーからインタビューされる根本校長)

 年明け1月30日午後4時30分より、ラジオ・チャリティ・ミュージックソン レポート&インフォメーションの中で本校が紹介されます。

 

お知らせ

寄宿舎 抜き打ち避難訓練 夜

12月2日(水)17:00より寄宿舎にて、第4回避難訓練を行いました。
今回は午後8時福島県沖を震源地とする震度6強の地震が発生し、その後火災が重なった想定での訓練を実施しました。さらに、できる限り現実感を持たせるため生徒達には予告せずに行いましたが、指導員の指示に従い速やかに避難することができました。

 

お知らせ

スクールカウンセラー「こころの授業」会議・研修

 12月1日 福島大学 子どものメンタルヘルス支援事業室の佐藤則行先生による「こころの授業」を行いました。小学部と高等部は、「感情のコントロール」について、中学部は、「自分のいいところを見つけよう」というテーマで自己を振り返りながら授業が進みました。本校には、スクールカウンセラーの配置はありませんが、県の事業を積極的に活用し、福島大学の支援を受けながら、児童生徒や保護者、教職員への心のサポートを実施しています。

 

お知らせ

パラリンピック選手講演会・陸上体験会 

 来年度開催されるパラリンピック東京大会陸上競技400メートルの日本代表に内定している東邦銀行の佐々木真菜さんの講演会を開催しました。生まれつき目に入る光の量が調整できない 無虹彩症の佐々木さんは、小学5年生の時に福島市の陸上大会800メートルで2位になったことをきっかけに陸上競技を始めたとのことでした。県立盲学校(現視覚支援学校)に進み、中学部2年から本格的に競技に取り組み数々の記録を更新。高等部卒業後、東邦銀行に入社し、各種大会で日本記録、アジア記録の更新が続きました。児童生徒たちは、佐々木さんの歩みを興味深く聞いていました。講演後は、グラウンドに出て、陸上体験会が行われ、走り方の実技指導を受けました。パラリンピック大会での佐々木さんのご活躍を期待しています!!

 

 

お知らせ

高等部 「声楽・笛鑑賞会」音楽

 高等部2・3ブロックの音楽では、東京からゲストティーチャーを迎え、声楽と笛の演奏会を催しました。演奏者は、国内外で活躍されている3名で、声楽、笛、ピアノの素晴らしい演奏を披露していただきました。生徒たちは、声や楽器の音色や曲調、日本の伝統楽器の特徴を感じ取って鑑賞していました。

 

 

お知らせ

寄宿舎買い物体験  イベント

11月11日(水)放課後に、隣の『晴レル屋』で買い物体験を行いました。密を避けるため2班に分かれ、一人一人生徒自身で、店員さんにケーキと飲み物を注文して代金も自分で支払いました。買ってきた商品を寄宿舎に持ち帰り、食堂で買い物の感想を話しながら美味しくいただきました。

 

 

お知らせ

小学部 授業参観  

 11月7日(土) 小学部で開催しました。児童一人一人の日頃の学習の様子や成果を発表する機会となりました。小学部は、今年度初めての保護者参観で、子どもたちはとても張り切っていました。笑う

<1ブロック>

 算数と外国語の授業参観後に地図旅行の発表やめだかの研究報告、器楽演奏など披露しました。

                                    

<2ブロック>

 「ブレーメンの音楽隊」の劇と合奏を披露しました。メイクから気合いが入りました。

 

 

<3ブロック>

 「ドレミの歌」をみんなで演奏するために、いろいろな課題にチャレンジ!! 
 

4ブロック

 「さつまのおいも」 子どもたち一人一人の動きを大切にしながら、おいもを育てました!!

欠席となった児童や家庭訪問学級の児童もビデオ出演しました。にっこり

<訪問学級>

 「ぼく、わたしのスマイル」

  家庭訪問学級、病院訪問学級は、日頃の学習活動の様子を上映しました。

 

※ 本日の各ブロックの発表の様子は、11月16日~27日まで学校内(小学部棟入口)で放映します。

   ①8:15~9:30 ②13:10~14:30 ③14:30~15:45

お知らせ

中学部2ブロック校外学習 ~いわき震災伝承みらい館~ バス

 東日本大震災から間もなく10年、中学部2ブロックは、市内薄磯地区に開設された、

震災伝承みらい館を初めて訪れました。震災時のいわきの様子について、分かりやすく展示して

あり、生徒たちは、地震、津波、原子力災害などの展示やモニターを見たり、タッチパネルに触   

れたりしながら、当時の状況を振り返り、日頃の備えの大切さなど学習することができました。

 

 

令和2年度 交通安全標語

 本校職員の交通安全への意識高揚を図るため『交通安全標語コンクール』を開催しました。今年度は、93作品の応募があり、その中から次の作品が選ばれました。

 

最優秀賞作品

 横断者 笑顔で通すは オーダンディー

 

優秀作品(2点)

 大丈夫? そのスピードでは お・し・ま・いDEATH

 右みて 左みて 未来見て

 

入選作品(3点)

 スマホより 子どもを見よう 横断歩道

 運転は 命を運ぶ 仕事です

 いってきます! ゆとりをもって 5分前

お知らせ

11月5日(水)16時から、寄宿舎食堂で「食事のマナー講習会」を行いました。給食・食事
「講義編」と「実践編」に分け、「講義編」ではスポンジを食材と見立て、ナイフとフォークを使った食事の仕方を学びました。
「実践編」では、当日の夕食に、講習を実践できるメニューとしてデミグラスソースハンバーグを提供していただき、講義を上手に食事に生かすことができました。

 
 

お知らせ

寄宿舎 ~ハロウィンへ向けて~

10月28日(水)ハロウィンの飾りつけや仮装を楽しみました。眼鏡
舎生は、仮装の役になりきり、「トリック・オア・トリート!」や「ハッピーハロウィン!」と盛り上がっていました。

 

 

 

 

お知らせ

中学部 秋の発表会へ

 10月30日(金)中学部では、「秋の発表会」を催します。
 生徒たちが、音楽や生活単元学習、自立活動などで取り組んでいる日頃の学習の成果を各ブロック単位で発表します。保護者の皆様の来校をお待ちしています。視聴覚

 

 

お知らせ

本日の給食 給食・食事

 メニューは、子どもたちが大好きな牛丼です。興奮・ヤッター!

 使用する牛肉について、県産牛肉学校給食提供推進事業の補助を受けた

 県産和牛が提供されました。

 

お知らせ

授業参観へ向けて 音楽

小学部は、日頃の学習の様子を11月7日(土)に授業参観として発表します。

各ブロックでは、その準備が進められていました。美術・図工

 

 

お知らせ

高等部 現場実習 情報処理・パソコン

高等部の産業現場等における実習が始まりました。
今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響で前期実習については、校内実習のみでしたが、後期は、市内外13か所の企業と事業所の皆様にご協力いただき、順調に校外実習が行われています。

 

 

お知らせ

健康講話 ~新型コロナウイルス感染症対策~ 会議・研修

 衛生委員会による全職員を対象とした健康講話を開催しました。

 講師として、本校の産業医でいわき市保健所長の新家先生を招き、「新型コロナウイルス感染症の現状と対策」について講義していただきました。ウイルスの複製メカニズムや新しい生活様式、これから流行が予想されるインフルエンザなどの相談・診療体制などについて、詳しくお聞きしました。

  

 新型コロナウイルス感染症については、誰でもかかる可能性がある疾患で、罹患した人を特別視しないこと、新しい生活様式を実践し、感染拡大防止の取組を社会全体で行っていく大切さなど、あらためて確認できました。

お知らせ

ALT授業再開  

 ALTのオースティン・カーター先生が来校し、児童生徒たちは、楽しく英語を学びました。新型コロナの影響で、海外からの新しい先生が入国できないため、市内で9校を担当します。初日の授業では、カーター先生の家族のことや趣味など楽しく自己紹介していました。OK

お知らせ

バケツ田 稲刈り 

 小学部5・6年1組で大切に育ててきた、稲を収穫しました。バケツを利用した稲作りでは、土作りから田植え、肥料やり、水の調整、除草などいろいろな作業を経験し、成長を見守り、稲を育てる喜びを味わいました。今日収穫したお米は、乾燥させてから、手作業で脱穀・もみすり・精米して試食する予定です。笑う

                はさみを使って稲刈りに挑戦中 

お知らせ

PTA奉仕作業 

 今年度は、コロナ禍の実施となったため、PTA役員と各委員会代表の方に協力していただきました。限られた人数の中でしたが、校舎正面の花壇整備を中心に作業していただきました。お忙しい中、ありがとうございました。笑う

 

お知らせ

寄宿舎 歯磨き講習 夜

10月14日(水)歯磨き講習会が行われました。
養護教諭指導のもと、磨き残しを確認するため染め出しを行い、
鏡を見ながら磨き方を確認し、歯磨きへの意識を高めることができました。

 

お知らせ

中学部の修学旅行(那須方面)が無事に終了しました。
那須オルゴール館では、手作りオルゴール作りに挑戦しました。りんどう湖ファミリー牧場では、山羊や牛と触れあったり、メリーゴーランドなどのアトラクションを楽しんだりしました。例年より短い1泊2日となりましたが、中学3年の良い思い出ができました。

 

平支援学校HPをご覧になっている皆さんへ

 横田めぐみさんを知っていますか?めぐみさんは1977年に北朝鮮の人に拉致されてしまいました。

めぐみさんを助けるために拉致問題について考えてみませんか?

ここをクリック↓↓↓

 

https://www.rachi.go.jp/

 

北朝鮮による日本人拉致問題にリンクします。

平支援学校JRCボランティア部 部長

 企画・制作:政府 拉致問題対策本部

お知らせ

中学部 修学旅行へ バス

 10月8日(木)から1泊2日の日程で中学部3年生が修学旅行に出発しました。当初は、東京方面の計画でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響により、場所を那須方面に変更しました。あいにくの雨模様となりましたが、生徒たちは、期待感いっぱいでバスに乗り込んでいました。

お知らせ

寄宿舎 お月見会 興奮・ヤッター!

9月30日(水)中秋の名月に因んで、寄宿舎で恒例の「お月見会」を実施しました。
指導員からパワーポイントで月見の由来を聞き、月見スウィーツを食べました。
夕食後、天気が良かったので全員で外へ出て、本物の大きな月を見ました。
一足早いお月見を満喫しました。

   

お知らせ

芸術鑑賞教室 音楽

9月30日(水) 長谷川ファミリーほのぼのコンサートを開催しました。新型コロナウイルス感染症対策として、演奏会は、小学部と中・高等部に分かれて実施しました。
長谷川ファミリーは、長谷川朝子さん(歌・ハープ)、中村千鶴さん(チェロ)、長谷川弘樹さん(ヴァイオリン)の親子3人を中心に活動しています。児童生徒たちは、童謡、クラシック、ポピュラーなど幅広い演奏を楽しみました。

 

お知らせ

舎生会役員任命式 

9月28日(月)校長室で役員任命式が行われました。
校長先生より任命証が授与され、新役員からは「みんなで力を合わせて寄宿舎を
盛り上げていきます」と話がありました。グループ

 

 

お知らせ

早期教育相談教室「あ・そ・び・ば」喜ぶ・デレ

 新型コロナウィルス感染症の影響により開催できなかった今年度の「あ・そ・び・ば」ですが、

9月25日にようやく開催することができました。

この事業は、心身の発達において気になるところがある0歳から6歳(就学前)のお子さんに

遊びの場を提供してるもので、本校職員が全員体制で支援しています。詳しくは、地域支援センター

「よつの葉」のコーナーをご覧ください。

保護者の方には、必要に応じて養育・教育・福祉に関する情報を提供いたします。

 

 

お知らせ

中学部4ブロック 学習旅行 バス

中学部4ブロック生徒3名。学習旅行にて、いわき市石炭・化石館 ほるるを見学してきました。館内は、暗い場所が多かったですが、全員、落ち着いて見学しました。
手に力を入れて、スイッチを押し、動く模型に少しびっくりしたり、化石を触ったり、BGMに耳を傾けたりと、生徒達それぞれの方法で太古のロマンと常磐炭田の採掘の歴史を感じてきました。

 


 

お知らせ

寄宿舎 舎生会役員選挙夜

 9月16日(水)令和3年度 舎生会役員選挙が行われました。一人一人が寄宿舎の諸活動について、真剣に考え、投票していました。夕食後には結果が発表され、新役員より当選の挨拶がありました。驚く・ビックリ

 

 

お知らせ

児童生徒会 役員改選 ~電子投票実施~ 喜ぶ・デレ 

 小学部の児童と中学部の生徒で構成されている、児童・生徒会の役員選挙が実施されました。15日にリモートによる立会演説会後、子どもたちは、各教室のパソコン上から意中の候補者へ投票していました。会長、副会長、会計は、定数どおりで信任投票を書記は、複数の候補者が出たため、選挙となりました。当選後の活躍を期待しています。

 

 

お知らせ

第3回 寄宿舎避難訓練 夜

9月9日(水)17:00より行いました。午後10時の就寝時に厨房からの出火を想定して訓練を実施しました。舎生は避難開始から避難完了まで、舎監や指導員の指示に従い迅速に避難することができました。これからの季節は、台風や大雨による土砂崩れなど、自然災害の危険も考えられます。日頃から防災意識を高め、緊急事態に備えていきます。

お知らせ

第3回 避難訓練    学校

 今年度3回目となる避難訓練を実施しました。今回は、震度6強の大地震を想定したもので、危険箇所を避けて、迅速に安全に避難することをねらいました。児童生徒は、緊急放送をよく聞き、担任(教科担任)の指示に従い、無事に校庭に避難することができました。日頃から防災意識を高め、緊急事態に備えたいと思います。

お知らせ

高等部 スマホ・携帯 安全講座 鉛筆

 スマートフォンや携帯電話を安心安全に利用できるように、正しい使用方法や危険性を知り、トラブルに巻き込まれない使い方を考える機会となりました。生徒たちは、自分にも起こり得る身近なSNS等のトラブルを知ったり、スマートフォンを安全に使うためのルールやマナーを守ったりすることが大切であることをしっかり確認していました。

 

お知らせ

高等部 音楽 『展覧会の絵』展 ~友情を音で味わう~ 音楽

 音楽科と美術科が連携し、視聴覚室を美術館に置き換えて、絵画と曲を鑑賞しました。作者の思いやイメージをつかみ、自分の考えを深めるため、地歴科もかかわり、教科横断的に学習を展開しました。絵や曲が作られたころの時代背景や外国(ロシア)文化に触れながら、名曲を鑑賞していました。生徒たちはには、生涯にわたって芸術にかかわってほしいと思います。

 

お知らせ

2学期 寄宿舎生活スタート 興奮・ヤッター!

 寄宿舎生活もスタートしました。感染症対策をしながらの生活について、改めて確認する機会を設け、舎生たちは真剣に話を聞いていました。新型コロナウイルス感染症対策について共通区や各部屋に掲示し、さらに一人一人の意識を高めていきます。

お知らせ

2学期スタート グループ

 8月26日から小学部・中学部・高等部の全学部で2学期がスタートしました。今年度は、いつもより短い夏休みとなりましたが、元気にスタートできました。夏休み前に確認した4つの約束は、みんなよく守れたようです。まだまだ暑い日が続きますが、それぞれの目標に向かって、頑張りましょう!!

 

お知らせ

寄宿舎見学会 夜

8月24日 本校教職員を対象に寄宿舎見学会を実施しました。

寄宿舎全般についての説明、舎内見学、入舎までの諸手続きなど、寄宿舎指導員が説明しました。

参加した職員からは、生活スキルの習得は日頃の積み重ねが大事と感じたという声があり、質問も多く

出され、寄宿舎について知ってもらう機会となりました。

 

お知らせ

郡山支援学校とのリモート研修会議・研修

 8月20日 郡山支援学校 地域支援センター主催の特別支援教育研修会にリモートで参加しました。講師は、国立特別支援教育総合研究所主任研究員の北川貴章氏で「身体に不自由のある子供への教科指導の展開」をテーマに講演をお聞きしました。肢体不自由児の認知特性や新しい学習指導要領の解説、各教科の授業作りなど具体的な話を東京・郡山・いわきを結んで拝聴することができました。2学期からの実践に生かしていきたいと思います。

お知らせ

不審者対応訓練・消火器使用訓練

 8月5日、不審者侵入に対して日常的に警戒する意識を高め、対処方法を確認することをねらい、不審者対応訓練を実施しました。不審者の特徴や態度、行動などの講義の後、さすまたの使用方法について演習しました。眼鏡

 

 

お知らせ

学校閉庁日のお知らせ 学校

 8月12日(水)~14日(金)は、閉庁日となります。

 施設保守・管理で教職員が出勤する場合もありますが、原則として開錠はせず、来訪対応や電話対応は行いませんので、ご了承ください。

 

お知らせ

第1学期 終業式 グループ

7月31日(金)に行いました。新型コロナウイルス感染症の対応に伴う臨時休業があったため、11日遅れての終業式となりました。密接、密集を避けるため、小学部と中・高等部が分かれての式となりました。例年よりも短い夏休みとなりますが、健康に気をつけ、有意義に過ごしてほしいと思います。昼

お知らせ

令和2年度 同窓会総会・成人を祝う会について

詳細はコチラ → 同窓会のページ

お知らせ

高等部美術「#アマビエチャレンジ!」美術・図工

 絵画作品は高等部2B1・2年生、立体作品は3年生の作品です。 

「コロナに負けるな!コロナ退散!」の願いを込めて作りました。

 

お知らせ

じゃがいも収穫 了解

小学部5・6年1組で育ててきた、じゃかいもが児童たちによって収穫されました。
たくさんの収穫で、子どもたちは大喜びでした。

お知らせ

小学部 生活単元学習「なつまつり」昼

 小学部3年生のあるクラスでは、生活単元学習として「なつまつり」が行われました。興奮・ヤッター!

射的や水ヨーヨー、かき氷などの各コーナーを児童たちが分担し、お客さんを迎えていました。

 

 

 

 

 

お知らせ

高等部作業学習製品頒布会 花丸

 高等部作業班では、7月27日に製品頒布会を開催しました。牛乳パックの再生紙を活用し、

うちわや油取りなどを作っています。数多く作れるように、2学期もしっかり取り組みます。

 

 

お知らせ

寄宿舎花火大会夜

7月21日 寄宿舎では、恒例の花火大会が開催されました。今年は、舎祭(サマーフェスティバル)が中止となったため、舎生にとって、楽しみにしていた行事です。長い梅雨となっていますが、この日は天候に恵まれ、指導員の先生たちと楽しい一時を送りました。笑う

 

お知らせ

訪問学級とリモート交流 情報処理・パソコン 

本校は、家庭訪問教育と病院訪問教育も行っています。

中学部の国語の授業で、詩をつくりました。その詩を家庭訪問学級の

友だちにテレビ電話を通して聞いてもらいました。訪問学級の友だちからは、

「驚いた」「拍手」とパソコンの視線入力機能を生かし、音声で伝えてくれました。笑う

  

お知らせ

前期産業現場等における実習(校内実習)情報処理・パソコン

7月13日~17日までの予定で校内実習を実施しています。
今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響で、校内のみの実習となっています。実践的な作業体験を通して、自立し社会参加するために必要な技能や態度を身につけたり、個々の進路や生き方について考えたりする機会となっています。

箱折り班、シール班、封筒・シール班、生活介護グループなどの実習や、ビルクリーニング、タイピングなども時間を工夫しながら行っています。

ご協力いただきました事業所の皆様ありがとうございました。

お知らせ

本日の1コマ

 7月10日は、納豆の日。本日の給食は、ごもく納豆が出ました。

 

お知らせ

本日の1コマ音楽

 

今日は、七夕です。小学部の各教室には七夕飾りがありました。ホールの笹飾りには、子どもたち、教職員の願いが書かれた短冊がゆれていました。花丸

 

お知らせ

医療的ケアサポート会議学校 

 令和2年度の医療的ケアサポート会議が7月2日(木)本校会議室で開催されました。この会議は、福島県医療的ケア実施要綱に基づくもので、医療的ケアのあり方や保健・医療・福祉関係機関の支援体制の確立、卒業後の地域生活について協議するものです。医療、市障がい福祉担当、保健師、保護者代表の皆様から様々なご意見をいただきました。今回は、災害時の対応、新型コロナウイルス感染症対策、福祉関係サービスなどについて、意見交換しました。

 

 

 

お知らせ

第2回 避難訓練

 7月2日(木)第2回避難訓練を行いました。今回は、校内で火災が発生したという想定で実施しました。火災報知器が作動してから、放送による指示、避難開始、避難完了まで児童生徒は、各担任の指示に従い、整然と避難することができました。本校の避難訓練は、学校周辺の近隣施設の皆様のご協力を得て実施しています。「福祉のまち連絡網」を通じて、各施設・事業所の皆様が本校へ駆けつけてくださいました。

お知らせ

車いすの寄贈笑う

いわき市立玉川中学校の生徒会役員と校長先生が来校され、車いすを寄贈していただきました。生徒会を中心に、3年かけてアルミ缶を集め、購入したとのことです。玉川中の皆さんありがとうございました。本校生を代表して、高等部生徒会の役員が贈呈式に臨み、御礼の挨拶をしました。グループ

お知らせ

初任者研修 第1回研究授業事後検討会会議・研修

初任者5名の研究授業①が終了し、6月29、30の両日、研究協議会を行いました。授業者は、あらかじめ授業実践チェックリストで授業を振り返り、自評をまとめて協議会に臨みました。本校では、「初任者を育てる」意識が高く、多くの教職員が参加して検討会が進められ、協議の柱を中心に積極的な意見交換が行われました。鉛筆 

お知らせ

本日の1コマ

 

         高等部では、定期考査を実施しているクラスがあります。

 

         中学部は、委員会活動をしていました。(美化委員会)

               

小学部のあるクラスでは、「なめこ」を手に取り、「ぬるぬる」する

という言葉の意味について調べていました。           

お知らせ

夜 舎生会総会

 寄宿舎の舎生会総会が行われました。コロナ対応として、今回は3密を避け、役員が放送機器を使い、舎生はそれぞれの居室で話を聞くという形式での実施でした。
 舎生会会長より、「行事が中止になるなど残念ですが、今こそワンチームとなって協力して楽しい寄宿舎にしましょう」と話があり、離れた場所ではありましたが、みんなで寄宿舎の事を確認できる大切な時間となりました。今年度もみんなで意見を出し合いながら、より良い寄宿舎生活が送れるようにしていきます。

お知らせ

本校の給食について給食・食事

本校では、児童生徒の実態に応じて、様々な食形態を準備しています。初期食(ペースト食)、中期食(押しつぶし食)、後期食(やわらか食)そして、普通食です。また、アレルギーのある児童生徒には、アレルギー対応食も実施しています。児童生徒にとって安心・安全で、なおかつ美味しい給食の提供に努めています。

 

       初期食(ペースト食)家庭科・調理

お知らせ

初任者研修 研究授業 本

 今年度、本校では、小学部2名、中学部2名、高等部1名、寄宿舎1名の初任者が配置になりました。4月から1年間の初任者研修を計画的に実施しています。今日は、中学部1年の教室で生活単元学習の研究授業が行われました。「台ふきんを作ってみよう」という単元で、授業者は、生徒一人一人が自分の力でできるための状況を作り、3名の生徒がハンディミシンで台ふきんを作っていきました。手順表を手がかりに一人で活動すること、困ったとき、助けてほしいときに相手へ依頼することを目標に授業が展開されました。今週は、初任者の研究授業週間です。

 

お知らせ

会議・研修経験者研修 Ⅰ・Ⅱ 校内研修 

 今年度、本校では経験者研修Ⅰ(5年次研修)と経験者研修Ⅱ(10年次研修)の対象者が6名います。校外で行われる、特別支援教育センターでの基本研修や専門研修、市内の企業や事業所の皆様の協力を得ての社会体験など、計画的に実施しています。校内における研修では、それぞれがテーマを設定し、課題の解決に向けて、日々意欲的に取り組んでいます。本日は、Ⅰ・Ⅱ合同で「授業改善」について演習しました。

 

お知らせ

本日の給食家庭科・調理

お知らせ

第1回学校評議員会 6/16 会議・研修

 学校評議員会を開催しました。今年度も評議員4名の皆様の

ご意見をいただきながら、学校運営に生かしていきます。

 

お知らせ

本日の給食 家庭科・調理

 今日は、郷土料理献立で「ほっきごはん」でした。

 

お知らせ

ご来校の皆様へのお願い(新型コロナウイルス感染症対策)

1 マスクの着用をお願いします。
2 アルコールによる手指の消毒をお願いします。
3 入校前に検温をお願いします。

※ 体温が37℃以上の場合は、校内への立ち入りをご遠慮ください。

    ~マスクをして、距離をとるキビタン~

お知らせ

本日の給食 家庭科・調理

 

お知らせ

令和2年度 高等部生徒総会グループ

6月8日(月)高等部生徒会総会が開催されました。今年は、新型コロナウイルス感染症防止のため、校内web会議システムを活用し、生徒会役員が会議室から議案を各教室に配信しました。今年度の事業計画や予算などは、原案どおり承認されました。いろいろ制限がある中ですが、工夫しながら生徒会活動や行事の運営にあたっていきます。にっこり

 

お知らせ

医療的ケア基礎研修・病理講習会病院

6月4日(木)全教職員を対象とした医療的ケア基礎研修を開催しました。

いわき市医療センターの理学療法士である須田先生をお招きし、ご講演いただきました。会議・研修

新型コロナウイルス感染防止のため、校内のネット環境を生かし、リモートで行いました。肢体不自由

教育の専門性の一つである医療的ケアに関連した「姿勢と呼吸」の大切さを再確認しました。

 

お知らせ

本日の授業から昼

高等部 美術

<授業者のコメント>

 高等部2ブロックの美術で、校歌をイメージした作品を制作しました。校歌を歌う機会が多いプレイモールですが、歌詞の掲示がどこにもなかったので、みんなで歌う時に役立ててほしいと思って作りました。いわきのよいところ、平支援学校の明るさやたくましさを表現しました。ぜひ、ご覧ください

 

小学部 絵本の読み聞かせ

小学部では、読み聞かせの授業が行われていました。笑う
コロナウイルス感染症対策を行い、時々、体も動かしながら表現活動を楽しみました。

お知らせ

本日の授業から

中学部の音楽は、各教室に分かれて、リモートで実施中。回線が細いため、スムーズに流れないこともありますが、いろいろ工夫しながら活動しています。音楽

 

 

校長先生が校内巡回中、自立活動の授業に参加

 小学部では、ALTのチェイス・ライオンス先生が歌や手遊びを取り入れ、児童が楽しく英語を学習中。

お知らせ

6月2日(火)の給食

 ホイコーロー 青菜のおかか和え みそ汁 杏仁プリン
 左上は、特食の初期食(ペースト食)です。

 

お知らせ

5月29日(金)の給食

 豚とタケノコのあんかけ焼きそば わかめサラダ 

 ポテトスープ プリン 牛乳

お知らせ

いわき市内特別支援学校進路指導担当者会 グループ

~オンラインミーティング~

 ビデオ会議システムを活用し、いわき支援、いわき支援くぼた、富岡支援、本校の4校の進路指導主事と障がい者雇用推進でお世話になっている、特定非営利活動法人いわき市障がい者職親会長の石山様((株)マルト管理本部長)と今後の進路指導、産業現場等における実習などについて協議しました。新型コロナウイルス感染症の対応で各学校とも工夫しながら実習の計画をしています。今後も4校が協力し、生徒の自立と社会参加に努めていきます。

 

お知らせ

本日の授業から  

高等部 国語

教科担任からのコメントです。

・ロイロノートを使って、授業をしています。

・スライドを作ります。スライドは手書き入力、キーボード入力、画像や地図を貼り付けるなど、多様な入力ができます。

・順序性やつながりを自由に組み替えられるため、思考を可視化してまとめています。それをもとにプレゼンしています。
・ビッククエスチョンとなるスライドや、考え方の元になるもの、ヒントなどは、教師の端末から瞬時に生徒端末に送ることができ、さらに回答したものを教師に送り返して、双方向で授業を展開しています。
・ちなみに複数の生徒がいる場合は、複数の生徒端末から回答されたスライドは教師端末に集められ、それをグリット式に、全体を一覧することができ、さらに、AさんのスライドとBさんのスライドを2枚だけ映して、比較することもできます。

お知らせ

学校が再開!

5月25日(月)から学校が再開しました。今週は、段階的登校で4校時授業で行い、給食後下校となります。登校日はありましたが、児童生徒も教職員も待ちに待った再開です。長い休校期間で生活リズムを取り戻すのは大変ですが、少しずつ学校生活に慣れていきましょう。

 

 

お知らせ

密閉・密集・密接を回避するために

新型コロナウイルス感染症の防止のため、本校で行う会議等は、テレビ会議を活用しています。
職員室に全員が集まることを防ぎ、教室や特別教室に教職員が分散して、会議に参画しています。

お知らせ

ブルーヒーターなどを御寄贈いただきました!

令和元年12月4日(水)

 公益財団法人日本教育公務員弘済会福島支部様より、教育支援金に基づく物品寄贈として、下記の防災品など16万円相当の物品を寄贈いただきました。

 いただいた寄贈品は次のとおりです。

①     ブルーヒーター  2台

②   避難リュックセット  3セット

 

災害時などに、有効に活用させていただきます。

ありがとうございました。

お知らせ

 

 今回で7度目となるヤングアメリカンズワークショップ・ショーを11月7(木)に開催しました。

今年も大変盛り上がりました。ありがとうございました。

 

PDF版のチラシはこちら → R1ヤングアメリカンズチラシ.pdf

 

「ザ・ヤングアメリカンズ」についてはこちらをご覧ください。

                                             ↓

「NPO法人じぶん未来クラブPRESENTS ザ・ヤングアメリカンズ」

 

「ザ・ヤングアメリカンズジャパンツアーfacebook」

 

お知らせ
お知らせ

国際ソロプチミスト奈良―まほろば様より星野富弘氏の詩画集をご寄贈いただきました!

 

 4月10日水曜日、国際ソロプチミストいわき中央様を通じて、国際ソロプチミスト奈良―まほろば様より星野富弘さんの詩画集など18冊の本をご寄贈いただきました。

 生徒会長加藤智子さんとJRCボランティア部長大村莉未さんが、全校生を代表して国際ソロプチミストいわき中央様がお届けくださった寄贈本を受け取り、感謝の気持ちをお伝えしました。

 4月15日月曜日、朝の会の中で生徒会長をはじめJRCボランティア部全員で、全校生に寄贈本を紹介しました。国際ソロプチミスト奈良―まほろばの皆様・いわき中央の皆様ありがとうございました。

 

お知らせ

第41回通りゃんせ基金キャンペーン寄贈品の贈呈

1月10(木)、本校校長室において、第41回通りゃんせ基金キャンペーン寄贈品の贈呈とラジオ福島の生中継によるインタビューが行われました。ラジオ福島アナウンサーの海藤尚美様から、神田豊校長へ鈴(ヤマハベル)60個が贈呈されました。また、神田校長と音楽科担当塩井教諭が、生中継によるラジオ福島の番組内で、寄贈の御礼と本校の説明をしました。また、寄贈された鈴の活用方法についてインタビューを受けました。

寄贈されたのは、中音と高音の2種類です。音の高低差を楽しむだけでなく、音楽的な活動以外の多くの場面でも大切に使わせていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

平成30年度 福島県高等学校文化連盟 啓発事業 アートパフォーマンスinよつの葉フェスティバル

 10月27日(土)、本校文化祭において、平成30年度 福島県高等学校文化連盟啓発事業の一環として、「アートパフォーマンスinよつの葉フェスティバル」が開催されました。ご出演いただきましたいわき総合高校家庭クラブフラチームアロヒミノアカの11名の皆さまには、「ラブリーフラハンズ」、「アロハエ」、「トゥトゥキ」という3曲のダンスをご披露いただきました。フラチームアロヒミノアカの皆様は、鮮やかで美しい衣装を纏い表情豊かに優雅に踊ってくださいました。本校生も全員「レイ」を身に着け、ハワイアン気分に浸りながら、共に交流を深めることができました。また、エクスプレションD.S.の11名の皆様には、全国大会で優勝したダンス「手と手 桜の花言葉に寄せて」を始め、「道」、「やってみよう」という3曲のダンスをご披露いただきました。最後のダンスパフォーマンス「やってみよう」では、ステージから会場へ降りて、本校生と触れ合いながら踊っていただきました。本校生は、高校生達の圧巻のダンスパフォーマンスを思いっきり楽しませていただくことができました。

 

H30 JRCボランティア部 谷 康大君 取材記事!
作業技能大会に参加してきました

平成30年度第6回特別支援学校作業技能大会~夢に向かってテクノチャレンジ2018~

 

 

 7月31日(火)にビックパレットふくしまにて、第6回特別支援学校作業技能大会が開催されました。この大会は毎年、県内の特別支援学校高等部に通う生徒を対象に、ビルクリーニングや喫茶接遇、パソコンデータ入力、店舗販売などの検定が行われます。外部専門家からの客観的な評価を受けることをとおして、生徒の社会参加・自立につながる技能や意欲の向上を図り、震災から立ち上がり自信を持って生きる生徒の育成を目指すことをねらいとして実施されています。

 本校からも、高等部12名の生徒が、パソコンデータ入力部門に出場したり、学校紹介ブースでの作業製品の紹介をしたりしてきました。当日は、緊張しながらも真剣に検定に参加し、日頃の学習の成果を発揮しようと頑張る姿が見られました。また、作業製品の紹介では、多くの方に製品を見ていただいたり、ステンシルの体験をしていただいたりするなど、本校の作業学習を知っていただくと同時に他校の生徒や一般の来場者の方と交流を図ることができ、とても貴重な体験をすることができました。

お知らせ

高等部3年の小玉直明君が、10月11日~16日に福井県で開催される第18回全国障害者スポーツ大会に出場することになりました。

小玉君は、5月20日(日)に行われた「福島県障害者総合体育大会」(いわき市陸上競技場)で幅跳び競技に出場し、自己ベストとなる2m74cmの記録を達成し金メダルを受賞しました。

今後は、全国大会出場に向けて田村市陸上競技場・あづま陸上競技場で行われる代表選手合同練習会でトレーニングを重ねていくこととなります。

福島県代表として精一杯の健闘を祈ります。

 

小玉君は自作の新聞を作成し、福島県大会で競技したときの思いを綴っております。併せて掲載いたしますので、ぜひ御覧下さい。

 

PDF版はこちら → 新聞.pdf

新着情報
お知らせ~学校評価アンケート(前期)結果報告

学校評価アンケートへご協力いただきありがとうございました。

前期の学校評価保護者の皆様へのアンケート結果についてお知らせいたします。

                       
                         学校評価アンケート(前期)結果報告.pdf
JRCボランティア部!コミュニティ賞受賞おめでとう!
 

 

JRCボランティア部!コミュニティ賞受賞おめでとう!

 

  11月6日()北海道札幌市において、PURDENTIALSPIRIT OF COMMUNITY主催「第20回ボランティア・スピリットアワードコミュニティ賞」の表彰式がありました。本校高等部JRCボランティア部は、様々なボランティア活動の取り組みや、ボランティアへの気づき(①支援される側から支援する側へ②障がい者を対象にするのではなく障がい者こそ主体者になる。)が評価され、東北・北海道ブロックコミュニティー賞を受賞しました。ボランティア部代表で参加した三浦さんは、「他校のボランティアの取り組みの発表などから刺激やヒントをもらったので、今後のJRCボランティア部の活動の中でいかしていきたい。」と抱負を語ってくれました。      JRCボランティア部顧問

学校代表メールアドレスが変わりました

本校の学校代表メールアドレスが変更になりました。

本校へのメールでのお問い合わせの際は、新しいメールアドレスへお願いします。

 

変更前  school@taira-sh.fks.ed.jp

            

変更後  taira-sh@fcs.ed.jp
福島県立平支援学校校歌

本校の校歌をアップしました!

本校児童生徒の歌声を校舎内外の写真とともにお聞きください。

以下の動画ライブラリから、福島県立平支援学校校歌をクリックしてください。

※ご使用のコンピュータ環境によっては再生できない場合もございます。ご了承ください。

動画ライブラリ

本校の校歌をアップしました!