お知らせ

令和2年度 同窓会総会・成人を祝う会について

詳細はコチラ → 同窓会のページ

お知らせ

本日の1コマ音楽

 

今日は、七夕です。小学部の各教室には七夕飾りがありました。ホールの笹飾りには、子どもたち、教職員の願いが書かれた短冊がゆれていました。花丸

 

お知らせ

医療的ケアサポート会議学校 

 令和2年度の医療的ケアサポート会議が7月2日(木)本校会議室で開催されました。この会議は、福島県医療的ケア実施要綱に基づくもので、医療的ケアのあり方や保健・医療・福祉関係機関の支援体制の確立、卒業後の地域生活について協議するものです。医療、市障がい福祉担当、保健師、保護者代表の皆様から様々なご意見をいただきました。今回は、災害時の対応、新型コロナウイルス感染症対策、福祉関係サービスなどについて、意見交換しました。

 

 

 

お知らせ

第2回 避難訓練

 7月2日(木)第2回避難訓練を行いました。今回は、校内で火災が発生したという想定で実施しました。火災報知器が作動してから、放送による指示、避難開始、避難完了まで児童生徒は、各担任の指示に従い、整然と避難することができました。本校の避難訓練は、学校周辺の近隣施設の皆様のご協力を得て実施しています。「福祉のまち連絡網」を通じて、各施設・事業所の皆様が本校へ駆けつけてくださいました。

お知らせ

車いすの寄贈笑う

いわき市立玉川中学校の生徒会役員と校長先生が来校され、車いすを寄贈していただきました。生徒会を中心に、3年かけてアルミ缶を集め、購入したとのことです。玉川中の皆さんありがとうございました。本校生を代表して、高等部生徒会の役員が贈呈式に臨み、御礼の挨拶をしました。グループ

お知らせ

初任者研修 第1回研究授業事後検討会会議・研修

初任者5名の研究授業①が終了し、6月29、30の両日、研究協議会を行いました。授業者は、あらかじめ授業実践チェックリストで授業を振り返り、自評をまとめて協議会に臨みました。本校では、「初任者を育てる」意識が高く、多くの教職員が参加して検討会が進められ、協議の柱を中心に積極的な意見交換が行われました。鉛筆 

お知らせ

本日の1コマ

 

         高等部では、定期考査を実施しているクラスがあります。

 

         中学部は、委員会活動をしていました。(美化委員会)

               

小学部のあるクラスでは、「なめこ」を手に取り、「ぬるぬる」する

という言葉の意味について調べていました。           

お知らせ

夜 舎生会総会

 寄宿舎の舎生会総会が行われました。コロナ対応として、今回は3密を避け、役員が放送機器を使い、舎生はそれぞれの居室で話を聞くという形式での実施でした。
 舎生会会長より、「行事が中止になるなど残念ですが、今こそワンチームとなって協力して楽しい寄宿舎にしましょう」と話があり、離れた場所ではありましたが、みんなで寄宿舎の事を確認できる大切な時間となりました。今年度もみんなで意見を出し合いながら、より良い寄宿舎生活が送れるようにしていきます。

お知らせ

本校の給食について給食・食事

本校では、児童生徒の実態に応じて、様々な食形態を準備しています。初期食(ペースト食)、中期食(押しつぶし食)、後期食(やわらか食)そして、普通食です。また、アレルギーのある児童生徒には、アレルギー対応食も実施しています。児童生徒にとって安心・安全で、なおかつ美味しい給食の提供に努めています。

 

       初期食(ペースト食)家庭科・調理

お知らせ

初任者研修 研究授業 本

 今年度、本校では、小学部2名、中学部2名、高等部1名、寄宿舎1名の初任者が配置になりました。4月から1年間の初任者研修を計画的に実施しています。今日は、中学部1年の教室で生活単元学習の研究授業が行われました。「台ふきんを作ってみよう」という単元で、授業者は、生徒一人一人が自分の力でできるための状況を作り、3名の生徒がハンディミシンで台ふきんを作っていきました。手順表を手がかりに一人で活動すること、困ったとき、助けてほしいときに相手へ依頼することを目標に授業が展開されました。今週は、初任者の研究授業週間です。

 

お知らせ

会議・研修経験者研修 Ⅰ・Ⅱ 校内研修 

 今年度、本校では経験者研修Ⅰ(5年次研修)と経験者研修Ⅱ(10年次研修)の対象者が6名います。校外で行われる、特別支援教育センターでの基本研修や専門研修、市内の企業や事業所の皆様の協力を得ての社会体験など、計画的に実施しています。校内における研修では、それぞれがテーマを設定し、課題の解決に向けて、日々意欲的に取り組んでいます。本日は、Ⅰ・Ⅱ合同で「授業改善」について演習しました。

 

お知らせ

本日の給食家庭科・調理

お知らせ

第1回学校評議員会 6/16 会議・研修

 学校評議員会を開催しました。今年度も評議員4名の皆様の

ご意見をいただきながら、学校運営に生かしていきます。

 

お知らせ

本日の給食 家庭科・調理

 今日は、郷土料理献立で「ほっきごはん」でした。

 

お知らせ

ご来校の皆様へのお願い(新型コロナウイルス感染症対策)

1 マスクの着用をお願いします。
2 アルコールによる手指の消毒をお願いします。
3 入校前に検温をお願いします。

※ 体温が37℃以上の場合は、校内への立ち入りをご遠慮ください。

    ~マスクをして、距離をとるキビタン~

お知らせ

本日の給食 家庭科・調理

 

お知らせ

令和2年度 高等部生徒総会グループ

6月8日(月)高等部生徒会総会が開催されました。今年は、新型コロナウイルス感染症防止のため、校内web会議システムを活用し、生徒会役員が会議室から議案を各教室に配信しました。今年度の事業計画や予算などは、原案どおり承認されました。いろいろ制限がある中ですが、工夫しながら生徒会活動や行事の運営にあたっていきます。にっこり

 

お知らせ

医療的ケア基礎研修・病理講習会病院

6月4日(木)全教職員を対象とした医療的ケア基礎研修を開催しました。

いわき市医療センターの理学療法士である須田先生をお招きし、ご講演いただきました。会議・研修

新型コロナウイルス感染防止のため、校内のネット環境を生かし、リモートで行いました。肢体不自由

教育の専門性の一つである医療的ケアに関連した「姿勢と呼吸」の大切さを再確認しました。

 

お知らせ

本日の授業から昼

高等部 美術

<授業者のコメント>

 高等部2ブロックの美術で、校歌をイメージした作品を制作しました。校歌を歌う機会が多いプレイモールですが、歌詞の掲示がどこにもなかったので、みんなで歌う時に役立ててほしいと思って作りました。いわきのよいところ、平支援学校の明るさやたくましさを表現しました。ぜひ、ご覧ください

 

小学部 絵本の読み聞かせ

小学部では、読み聞かせの授業が行われていました。笑う
コロナウイルス感染症対策を行い、時々、体も動かしながら表現活動を楽しみました。

お知らせ

本日の授業から

中学部の音楽は、各教室に分かれて、リモートで実施中。回線が細いため、スムーズに流れないこともありますが、いろいろ工夫しながら活動しています。音楽

 

 

校長先生が校内巡回中、自立活動の授業に参加

 小学部では、ALTのチェイス・ライオンス先生が歌や手遊びを取り入れ、児童が楽しく英語を学習中。

お知らせ

6月2日(火)の給食

 ホイコーロー 青菜のおかか和え みそ汁 杏仁プリン
 左上は、特食の初期食(ペースト食)です。

 

お知らせ

5月29日(金)の給食

 豚とタケノコのあんかけ焼きそば わかめサラダ 

 ポテトスープ プリン 牛乳

お知らせ

いわき市内特別支援学校進路指導担当者会 グループ

~オンラインミーティング~

 ビデオ会議システムを活用し、いわき支援、いわき支援くぼた、富岡支援、本校の4校の進路指導主事と障がい者雇用推進でお世話になっている、特定非営利活動法人いわき市障がい者職親会長の石山様((株)マルト管理本部長)と今後の進路指導、産業現場等における実習などについて協議しました。新型コロナウイルス感染症の対応で各学校とも工夫しながら実習の計画をしています。今後も4校が協力し、生徒の自立と社会参加に努めていきます。

 

お知らせ

本日の授業から  

高等部 国語

教科担任からのコメントです。

・ロイロノートを使って、授業をしています。

・スライドを作ります。スライドは手書き入力、キーボード入力、画像や地図を貼り付けるなど、多様な入力ができます。

・順序性やつながりを自由に組み替えられるため、思考を可視化してまとめています。それをもとにプレゼンしています。
・ビッククエスチョンとなるスライドや、考え方の元になるもの、ヒントなどは、教師の端末から瞬時に生徒端末に送ることができ、さらに回答したものを教師に送り返して、双方向で授業を展開しています。
・ちなみに複数の生徒がいる場合は、複数の生徒端末から回答されたスライドは教師端末に集められ、それをグリット式に、全体を一覧することができ、さらに、AさんのスライドとBさんのスライドを2枚だけ映して、比較することもできます。

お知らせ

学校が再開!

5月25日(月)から学校が再開しました。今週は、段階的登校で4校時授業で行い、給食後下校となります。登校日はありましたが、児童生徒も教職員も待ちに待った再開です。長い休校期間で生活リズムを取り戻すのは大変ですが、少しずつ学校生活に慣れていきましょう。

 

 

お知らせ

密閉・密集・密接を回避するために

新型コロナウイルス感染症の防止のため、本校で行う会議等は、テレビ会議を活用しています。
職員室に全員が集まることを防ぎ、教室や特別教室に教職員が分散して、会議に参画しています。

お知らせ

ブルーヒーターなどを御寄贈いただきました!

令和元年12月4日(水)

 公益財団法人日本教育公務員弘済会福島支部様より、教育支援金に基づく物品寄贈として、下記の防災品など16万円相当の物品を寄贈いただきました。

 いただいた寄贈品は次のとおりです。

①     ブルーヒーター  2台

②   避難リュックセット  3セット

 

災害時などに、有効に活用させていただきます。

ありがとうございました。

お知らせ

 

 今回で7度目となるヤングアメリカンズワークショップ・ショーを11月7(木)に開催しました。

今年も大変盛り上がりました。ありがとうございました。

 

PDF版のチラシはこちら → R1ヤングアメリカンズチラシ.pdf

 

「ザ・ヤングアメリカンズ」についてはこちらをご覧ください。

                                             ↓

「NPO法人じぶん未来クラブPRESENTS ザ・ヤングアメリカンズ」

 

「ザ・ヤングアメリカンズジャパンツアーfacebook」

 

お知らせ
お知らせ

国際ソロプチミスト奈良―まほろば様より星野富弘氏の詩画集をご寄贈いただきました!

 

 4月10日水曜日、国際ソロプチミストいわき中央様を通じて、国際ソロプチミスト奈良―まほろば様より星野富弘さんの詩画集など18冊の本をご寄贈いただきました。

 生徒会長加藤智子さんとJRCボランティア部長大村莉未さんが、全校生を代表して国際ソロプチミストいわき中央様がお届けくださった寄贈本を受け取り、感謝の気持ちをお伝えしました。

 4月15日月曜日、朝の会の中で生徒会長をはじめJRCボランティア部全員で、全校生に寄贈本を紹介しました。国際ソロプチミスト奈良―まほろばの皆様・いわき中央の皆様ありがとうございました。

 

お知らせ

第41回通りゃんせ基金キャンペーン寄贈品の贈呈

1月10(木)、本校校長室において、第41回通りゃんせ基金キャンペーン寄贈品の贈呈とラジオ福島の生中継によるインタビューが行われました。ラジオ福島アナウンサーの海藤尚美様から、神田豊校長へ鈴(ヤマハベル)60個が贈呈されました。また、神田校長と音楽科担当塩井教諭が、生中継によるラジオ福島の番組内で、寄贈の御礼と本校の説明をしました。また、寄贈された鈴の活用方法についてインタビューを受けました。

寄贈されたのは、中音と高音の2種類です。音の高低差を楽しむだけでなく、音楽的な活動以外の多くの場面でも大切に使わせていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

平成30年度 福島県高等学校文化連盟 啓発事業 アートパフォーマンスinよつの葉フェスティバル

 10月27日(土)、本校文化祭において、平成30年度 福島県高等学校文化連盟啓発事業の一環として、「アートパフォーマンスinよつの葉フェスティバル」が開催されました。ご出演いただきましたいわき総合高校家庭クラブフラチームアロヒミノアカの11名の皆さまには、「ラブリーフラハンズ」、「アロハエ」、「トゥトゥキ」という3曲のダンスをご披露いただきました。フラチームアロヒミノアカの皆様は、鮮やかで美しい衣装を纏い表情豊かに優雅に踊ってくださいました。本校生も全員「レイ」を身に着け、ハワイアン気分に浸りながら、共に交流を深めることができました。また、エクスプレションD.S.の11名の皆様には、全国大会で優勝したダンス「手と手 桜の花言葉に寄せて」を始め、「道」、「やってみよう」という3曲のダンスをご披露いただきました。最後のダンスパフォーマンス「やってみよう」では、ステージから会場へ降りて、本校生と触れ合いながら踊っていただきました。本校生は、高校生達の圧巻のダンスパフォーマンスを思いっきり楽しませていただくことができました。

 

H30 JRCボランティア部 谷 康大君 取材記事!
作業技能大会に参加してきました

平成30年度第6回特別支援学校作業技能大会~夢に向かってテクノチャレンジ2018~

 

 

 7月31日(火)にビックパレットふくしまにて、第6回特別支援学校作業技能大会が開催されました。この大会は毎年、県内の特別支援学校高等部に通う生徒を対象に、ビルクリーニングや喫茶接遇、パソコンデータ入力、店舗販売などの検定が行われます。外部専門家からの客観的な評価を受けることをとおして、生徒の社会参加・自立につながる技能や意欲の向上を図り、震災から立ち上がり自信を持って生きる生徒の育成を目指すことをねらいとして実施されています。

 本校からも、高等部12名の生徒が、パソコンデータ入力部門に出場したり、学校紹介ブースでの作業製品の紹介をしたりしてきました。当日は、緊張しながらも真剣に検定に参加し、日頃の学習の成果を発揮しようと頑張る姿が見られました。また、作業製品の紹介では、多くの方に製品を見ていただいたり、ステンシルの体験をしていただいたりするなど、本校の作業学習を知っていただくと同時に他校の生徒や一般の来場者の方と交流を図ることができ、とても貴重な体験をすることができました。

お知らせ

高等部3年の小玉直明君が、10月11日~16日に福井県で開催される第18回全国障害者スポーツ大会に出場することになりました。

小玉君は、5月20日(日)に行われた「福島県障害者総合体育大会」(いわき市陸上競技場)で幅跳び競技に出場し、自己ベストとなる2m74cmの記録を達成し金メダルを受賞しました。

今後は、全国大会出場に向けて田村市陸上競技場・あづま陸上競技場で行われる代表選手合同練習会でトレーニングを重ねていくこととなります。

福島県代表として精一杯の健闘を祈ります。

 

小玉君は自作の新聞を作成し、福島県大会で競技したときの思いを綴っております。併せて掲載いたしますので、ぜひ御覧下さい。

 

PDF版はこちら → 新聞.pdf

新着情報
お知らせ~学校評価アンケート(前期)結果報告

学校評価アンケートへご協力いただきありがとうございました。

前期の学校評価保護者の皆様へのアンケート結果についてお知らせいたします。

                       
                         学校評価アンケート(前期)結果報告.pdf
JRCボランティア部!コミュニティ賞受賞おめでとう!
 

 

JRCボランティア部!コミュニティ賞受賞おめでとう!

 

  11月6日()北海道札幌市において、PURDENTIALSPIRIT OF COMMUNITY主催「第20回ボランティア・スピリットアワードコミュニティ賞」の表彰式がありました。本校高等部JRCボランティア部は、様々なボランティア活動の取り組みや、ボランティアへの気づき(①支援される側から支援する側へ②障がい者を対象にするのではなく障がい者こそ主体者になる。)が評価され、東北・北海道ブロックコミュニティー賞を受賞しました。ボランティア部代表で参加した三浦さんは、「他校のボランティアの取り組みの発表などから刺激やヒントをもらったので、今後のJRCボランティア部の活動の中でいかしていきたい。」と抱負を語ってくれました。      JRCボランティア部顧問

学校代表メールアドレスが変わりました

本校の学校代表メールアドレスが変更になりました。

本校へのメールでのお問い合わせの際は、新しいメールアドレスへお願いします。

 

変更前  school@taira-sh.fks.ed.jp

            

変更後  taira-sh@fcs.ed.jp
福島県立平支援学校校歌

本校の校歌をアップしました!

本校児童生徒の歌声を校舎内外の写真とともにお聞きください。

以下の動画ライブラリから、福島県立平支援学校校歌をクリックしてください。

※ご使用のコンピュータ環境によっては再生できない場合もございます。ご了承ください。

動画ライブラリ

本校の校歌をアップしました!