寄宿舎

2019年2月の記事一覧

了解 平成最後の節分!

 毎年恒例の行事、そして平成最後の「節分」を、1月30日(水)に行いました。今年も「節分」に合わせて、自分の心の鬼(自分がこれから直したいところ)を、それぞれ考えながら「鬼の面」を制作しました。先ずは、自分が生活している居室に豆をまいて邪鬼を祓い、続いて食堂では、「鬼の嫁さん」の「影絵」を鑑賞しました。このお話は、炒った豆を投げるようになった由来についての説話です。みんな真剣な眼差しで、うなずきながら鑑賞していました。

 最後に、自分で制作した「鬼の面」と今年は時節柄か、マスクをした「赤鬼と烏天狗」に向かって、自身の成長と健康を願い元気よく豆をまきました。

喜ぶ・デレ 余暇活動の広がり!

 今年度余暇活動の一つとして、ミニ四駆遊びを1月より行っています。舎生は連日ミニ四駆の楽しさを味わいながら、日々走らせる姿がみられました。その盛り上がりを受けて、「寄宿舎ミニ四駆チャンピオンズカップ2019」を開催することとなりました。居室対抗としリーグ戦、決勝戦、順位決定戦をかけて、子どもも大人も本気になってミニ四駆競技に参戦し、勝った喜びを味わい、そして友人を応援する姿が見られ、仲間としての絆をより一層深めることができた活動となりました。多くの子どもたちから「またやりたい。」という声が上がり、充実した余暇時間を過ごすことができました。今後も大人が子どもと余暇を楽しむかかわり合いを模索し、余暇の広がりにつながればと思っています。