寄宿舎

2017年10月の記事一覧

後期舎外活動

 10月11日(水)に後期舎外活動で「すたみな太郎」へ出かけました。お肉やお寿司、デザートなどを目の前にして、みんな大喜びでした。大声で騒がない、取った物は残さないなどマナーを守りながら料理をお皿に取り分けていました。中には、「トングを使っての取り分けが難しい。でもいい経験だ。」と言いながらお寿司を取り分ける舎生もいました。お肉やクレープを焼いたり、わたあめを作ったりしながら、みんなお腹いっぱい食べ大満足!舎生それぞれが普段の寄宿舎生活ではできない、よい経験の場となったようでした。


お月見会

 今年の中秋の名月は104日(水)で、寄宿舎では、お月見飾りで飾るお団子作りをしました。舎生からは「家でやったことある!」「初めてやった!」などの声が聞こえてきました。手の平で丸く団子を形作りお皿に盛りつけ、その後、玄関や食堂などにススキや野菜・果物と共に飾り付けをしました。夕食後には、月の観賞をしました。月がとてもはっきりと見えて「わぁ。丸くて綺麗に見える。」と舎生も喜んでいました。


第2回買い物体験

 10月2日に第2回買い物体験が行われ、フルクテンさんのパンや焼き菓子を予算300円の中で購入しました。舎生は、お店の方にどんなパンが売っているか、どんな味なのか確認し、悩みながらも食べたい物を選び購入していました。中には「僕の好きな、あんぱん売ってる!」と喜んでいる舎生もいまいした。買い物を終えてからは、お小遣い帳をそれぞれ記入し、購入したパンや焼き菓子を舎でおいしくいただきました。


みんなの会

 9月27日に2学期初めてのみんなの会が行われました。

 会では、今月の反省と来月の目標の発表や、改めて新旧役員それぞれからのあいさつなどがありました。今回の会の中で1番盛り上がったのは、これから予定している10月の舎外活動や、12月のウィンターフェスティバルの内容の発表でした。最高の行事を作るためには、マナーを守ったり、みんなでアイディアを出し合い協力したりと、一人ひとりの力が必要ですが、早速会の最中から「他のお客さんのことも考えなきゃだめだよ。」「出し物は何がしたい?」等とわくわくしながら会話しているのを聞くことができました。これから舎生たちでどんな行事を作っていくか楽しみです。


第3回寄宿舎避難訓練

 9月20日(水)に第3回寄宿舎避難訓練を行いました。

 今回は「土砂災害の危険がせまる」ことを想定した避難訓練です。前回までに行った火災や地震とは違った雰囲気の中で訓練を実施しました。災害が起きるまでの状況が徐々に変化することで、待機場所や避難場所も変わるため、舎生たちは指導員の指示をしっかりと聞き、迅速に行動していました。

 
 11月には第4回寄宿舎避難訓練を予定しています。今後も、様々な災害状況を視野に入れながら、日頃の防災意識を高めていきたいと思います。