寄宿舎

2016年8月の記事一覧

寄宿舎保護者会の親睦会

 7月20日(水)に寄宿舎保護者会の親睦会を行いました。昨年度同様、同日に開催したサマーフェスティバルの後に行ったので、多くの寄宿舎生のご家族に参加いただきました。会食しながら、家庭や寄宿舎での1学期のがんばりや成長を、ご家族の皆さんと指導員、そして舎生とで振り返り、ときに冗談をいいながら和やかに話し合う時間となりました。

 普段から、帰省・帰舎の送迎時や連絡帳を通して舎生の様子を共有しています。今後もより一層ご家庭との連携を大切にし、共通認識をもって舎生の成長に携わっていきたいと思います。

今年もひまわりとジャンボかぼちゃを育てています!

 

 今年も寄宿舎では、生活委員会を中心にひまわりとジャンボかぼちゃを育てています。

 ひまわりは、昨年度取っておいた種を一人一人蒔きました。毎年行っているためか、ひまわりの背の高さだけでなく、幹の太さ、葉っぱの色の濃さ、虫食いの部分、昨年との違いなど細かい点にも着目して、自分の「ひまわり自慢」をし合うこともあります。

 ジャンボかぼちゃは、昨年は頂いた苗から育てましたが、今年は居室で種から育てることにしました。自分たちが種から育てた苗にひときわ愛着をもって水やりをしています。

 これらの活動を通して、みんなで楽しみながら植物を育て、種を翌年につなげることができることのおもしろさと、自然への感謝の気持ちを育むことができたらと思います。

サマーフェスティバル!!

7月20日()に寄宿舎三大行事であるサマーフェスティバルを行いました。

 今年は『仮装運動会』を行いました。仮装では、それぞれのチームテーマに沿った衣装や製作した物を身にまとい、体育館内を練り歩きました。各チームの特色が表れ、とても見応えがありました。運動会は、ボッチャと障害物リレーを行い、会場全体で盛り上がりました。最後まで順位がわからない展開となり、競技する側と応援する側どちらも白熱していました。

 行事後の舎生からは、「仮装がおもしろかった。」「みんなで競技したことが楽しかった。」や、中には「仮装の衣装を考えたことが楽しかった。」「行事を自分たちで考え作ることにやりがいを感じた。」という声もありました。絵文字:お知らせ絵文字:三人
 楽しい行事を作るには、行事の雰囲気だけではなく、それまでの準備がとても大切です。このサマーフェスティバルを通して得た経験は、いつまでも子どもたちの心の中に思い出として残ることでしょう。絵文字:笑顔


マナー講習をしています!

 寄宿舎では、中学部生と高等部生を対象に舎生一人一人に応じて「マナー講習」(公共・食事・電話・訪問・接待・冠婚葬祭など)を行っています。

 627日(月)と29日(水)には、高等部1年生が知人のお宅を訪問する設定で、寄宿舎の居室を実際の客間に見立てて、訪問の際のあいさつやふさわしい身だしなみ、お茶とお菓子のいただき方などを学びました。

 75日(火)には、中等部1年生と2年生が、寄宿舎の生活場面を振り返りながら、相手の気持ちを考えたあいさつや心遣いを、ロールプレイを通して学びました。

 2学期には、各舎生が行うマナー講習以外にも、全舎生で行う「洋食のマナー」や「和食のマナー」、舎外活動の「公共のマナー」などを予定しています。

 寄宿舎生活の中でみんなでマナーの向上に励み、社会性を高めています。