寄宿舎

2014年5月の記事一覧

避難訓練

 第1回目の寄宿舎避難訓練は5月22日(木)に行いました。

 事前指導では、ヘルメットの着用の仕方や避難の仕方をしっかりと学びました。特に新入舎生は真剣に話を聞く姿がありました。
 当日は、22時に1階厨房が火災になった想定で避難訓練を行いました。舎生それぞれが指導員の指示に従って速やかに建物から避難し、学校正面玄関に集合することができました。

 寄宿舎では、年3回このような避難訓練を実施していきます。次回は9月頃を予定しています。
いつ起こるか分からない災害に備えて、日頃からしっかりと準備をしていきたいと思います。




歓迎会・しょうぶ湯

<歓迎会>

 寄宿舎の新しい仲間が増え、5月7日(水)に歓迎会が行われました。

 当日は「好きなもの」「嫌いなもの」などの内容で自己紹介をしました。また、しりとりゲームをしてチームごとにタイムを計ってどちらが早いか競争をしました。タイムを計るとドキドキ感が増すようで、とっさに出る言葉がおもしろく、みんなで笑い合いました。最後にケーキを食べて和やかな時間を過ごしました。絵文字:良くできました OK

<しょうぶ湯>

 寄宿舎では連休明けの5月8日(木)に「しょうぶ湯」に入りました。しょうぶ湯に入る前には、由来を知る機会も設けました。当日は、実際にしょうぶを手に取って触ったり、香りを確認するなど、特に初めて体験する舎生にとっては大きな発見となったようです。12月は「ゆず湯」も予定しています。

 このような昔ながらの季節行事を経験する機会を寄宿舎では大切にしていきたいと思っています。絵文字:笑顔





 

新学期スタート

 寄宿舎はこの春、3名の卒業生を送り出し、新たに4名の仲間を迎えて総勢10名でのスタートを切りました。4名とも体験入舎を通してすっかり在舎生とは仲良しでしたので、初日から舎内は活気にあふれ、元気な声の飛び交う毎日が続いています。絵文字:笑顔

<入舎式>

 4月7日(在校生)・8日(入学生)に入舎式を行いました。おうちの方が見守るなか、校長先生から入舎許可を受ける新入舎生の表情は凜々しく、誓いの言葉も力強く、頼もしいかぎりでした。絵文字:昼

<舎生会総会>

 4月23日に舎生会総会を行いました。各委員会からの提案に対する質疑応答の場面もあり、自分たちの生活がさらによりよく充実するようにと、みな真剣に臨んでいました。

 この総会は、舎生全員で取り組む初めての寄宿舎行事でした。月一度の会合「潮・暁会」は今年度から「みんなの会」に名称変更し活動内容もリニューアルします。みんなの力をひとつに合わせ、明るく楽しい寄宿舎生活を送っていきましょう!絵文字:笑顔