高等部

2015年7月の記事一覧

授業紹介(高等部:第三弾)

   7月16日(木)学校訪問の日に行われました、高等部1・2年4組での自立活動の授業を紹介します。授業名は「新聞紙ボールをつくろう」、生徒3名に授業の内容を説明し、右側で吊り手を引く人、左側で吊り手を引く人、その様子を観察する人を本人の希望によって決めました。2人の生徒が自分がやると立候補しました。生徒が前時にちぎった白い障子紙を透明の容器に入れ、そこに水糊をまぶした新聞紙ボールを入れ、2人の生徒が引いたり離したりして新聞紙ボールを回転させ白い障子紙、青や緑のお花紙を巻き付けて完成させました。生き生きと授業に取り組んでを受けていた生徒達の姿が印象的でした。

授業紹介(高等部:第二弾)

   7月14日(火)2校時、高等部3ブロックの「体育」の授業を参観しました。授業は1年対3年の学年対抗ボウリング大会でした。白熱した試合に、生徒達は大きな声で応援、手に汗握る好試合でした。結果は、1年生の勝利、惜しくも敗れた3年生からは称賛のことばがありました。ほんとに見ていて楽しくさわやかな試合でした。両チームともお疲れ様でした。


   
         
   

感謝状!

 日本ユニセフより感謝状が届きました。
 「このたびは、ネパール大地震緊急募金へご協力をいただきありがとうございます。
 福島県立平養護学校のみなさんからの募金は、緊急事態下で困難な生活を強いられている子どもたちのために大切に使わせていただきます。
 ユニセフは、破壊された学校を復旧して子どもたちが学校に戻れるようにしたり、健康を守る衛生施設を整えたり、栄養価の高い食料や安全な水、医薬品などを届けたりしています。
 被害に負けないよう必死にがんばっている子どもたちが、一日も早く健康で平和な生活に戻れるよう、ともに支援活動に取り組んでいきましょう。
2015年06月12日
                        公益財団法人 日本ユニセフ協会
                        ユニセフ学校募金委員会
                               会長 赤松良子
 また、領収書(¥20,005)もいただきましたので小・中学部生徒昇降口正面にどちらも掲示しておきます。
  募金のご協力本当にありがとうございました。 

領収証

感謝状

募金総額2万5円!

 本校生徒会・児童生徒会役員が、「人のために自分たちでできることをしよう」の考えの下、6月9日(火)~11日(木)朝8時5分~8時15分の時間に、小・中学部生徒昇降口で募金を呼びかけまた。多くの方々からたくさんの募金をいただき、総額で2万5円になりました。募金いただいた皆様に感謝申し上げますと同時に、皆様の心温かいお気持ちをユニセフを通じて届けたいと思います。本当に有り難うございました。


     募金活動を行ってみて
  今回初めて募金活動を行いました。今まで、募金活動は大変というイメージがありましたが、イメージとは違いとても楽しく活動できました。多くの保護者や生徒の皆様、先生方に御協力をいただき、たくさんの募金を集めることができました。
 本当に有り難うございました。
                                           平養護学校 生徒会 会長 地引元気

ボランティア活動を行ってみて
  私にとって初めての募金活動でしたので、しっかり募金を集めることができるかどうかとても不安でした。しかし、呼びかけを始めると初日から多くの方々に御協力していただきました。本当に!本当に!!嬉しかったです。私はこの募金活動を通して、みなさんの心の温かさを知ることができました。みなさんのこの思いが、ネパールで地震被害に遭われた方々に届いて欲しい思っています。
 募金にご協力いただきみなさん、本当にありがとうございました。
                                         平養護学校 生徒会 副会長 樋口侑希