中学部

2016年7月の記事一覧

平成28年度 川前中学校との交流学習

 6月22日(水)に川前中学校との交流学習が行われました。

 交流の日以前に、それぞれの学校において自己紹介のビデオを制作して交換し合いました。事前にそのビデオを見ていたこともあり、当日は実際に会える期待感もとても高く、スムーズに交流することができました。

 はじめに、「出会いの会」をプレイモールで行いました。川前中学校の生徒さんを拍手でお迎えしました。「出会いの会」の中では、川前中学校の生徒さんから自己紹介をいただき、本校の生徒も学級紹介を行いました。さらに、両校の校歌を歌い、記念撮影をしました。

 その後、3つのグループに分かれて校内オリエンテーリングをしました。中学部の教室を回り、それぞれの場所でクイズに回答するなどをして楽しみました。

 給食は川前中学校の生徒さんと本校の生徒で一緒に食べたり、話をしたりしながら、楽しいひとときを過ごしました。

 午後は、1年生と2・3年生のグループに分かれ、1年生は「平養カーリング」、2・3年生は「ビンゴゲーム」をしました。

 終わりに、「お別れの会」を行い、それぞれ感想を発表し合いました。

 川前中学校の生徒さんが帰る際には、見送りをして別れがたい気持ちでいっぱいでした。

 ぜひ、来年度も有意義な交流ができることを楽しみにしています。

平成28年度中学部2ブロック学習旅行

 7月1日、中学部2ブロックは学習旅行でハワイアンズに行き、職場体験をしてきました。実践実習に入る前にビジネスマナーについての講義を受けました。その講義の中で、人間関係を作る最初のきっかけがあいさつであり、明るく元気なあいさつがとても大切であるということを教えていただきました。また、自分の笑顔が相手の笑顔を引き出すことも教えていただき、明るく元気なあいさつに加え、表情もコミュニケーションをとるうえで大変重要であるということを教えていただきました。講義が終わった後は、実習に出るためにあいさつの練習を行いました。
 そして、いざ実践へ・・・ホテルのフロントでショーの案内を行う班とウォーターパーク入場口でお客様にあいさつを行う班の2グループに分かれて体験をしてきました。初めは緊張で表情はこわばり、声もなかなか出せませんでしたが、あいさつをするタイミングなどのアドバイスをいただきながら声を出し始めると、徐々に緊張もほぐれて表情も良くなっていきました。実習後半には声もだいぶスムーズに出せるようになり、少し自信がついた様子でした。いつも何気なく交わしている“あいさつ”の大切さを肌身で感じることができ、生徒たちひとりひとりにとって大変有意義な1日となった学習旅行でした。