高等部

高等部の様子

平成26年度高等部修学旅行

 10月28日(火)~31(金)まで、高等部3年生6名は横浜・東京方面へ3泊4日の修学旅行に行ってきました。

1日目は横浜中華街で本格中華料理を堪能した後、地球や自然をテーマとした仮想体験型ミュージアム「オービィ横浜」を見学しました。鏡の前に立っただけで自分の顔がチーターやゾウになるしかけでは、生徒が驚き、「おー、すごい!」と記念写真を撮っていました。

2日目は午前中、東京スカイツリーに上り、高さ350mの展望デッキから快晴でなければ見られない富士山を臨むことができました。午後は食品サンプル作りで、タルト型にビニール樹脂でできたクリームを絞り入れたり、ミニチュアフルーツをトッピングしたりしました。生徒Aさんは「トッピングを5種類選ぶ時に、色や大きさの組み合わせを考えるのにとても迷ったけど、いい出来に仕上がって良かったです。」と感想を述べました。

3日目は東京ディズニーシーで一日を過ごしました。入場して間もなく、生徒Bさんは目をキラキラと輝かせ「歩いているだけで楽しい!」と高揚する気持ちを声にしていました。この日は3つのグループに分かれての行動となりました。生徒Cさんは「地図を使って目的地までたどり着くのに苦労しましたが、事前に乗るアトラクションの計画を立てていて良かったです。」と話していました。

4日目の最終日は日の出桟橋駅から水上バスに乗り、クルージングを楽しみました。風と乗り物が大好きな生徒Dさんは、あまりの楽しさに走行中船内を歩き回り、風を受けて大喜びしていました。

雨がぱらつきましたが終点の浅草に到着するまでにはすっかり晴れて、到着後、最後の浅草散策を楽しむことができました。全行程を通して天候に恵まれ、思い出深い旅行になりましたね。
1日目
           横浜中華街                    オービィー横浜

2日目
         東京スカイツリー               大和サンプル製作所


3日目
                       東京ディズニーシ―


4日目
       水上バス                      浅草散策


高等部夏季スポーツ大会

 高等部夏季スポーツ大会が10日(木)本校体育館にて行われました。

病院訪問学級の生徒を含め17名で仮装をして風船リレー、玉入れ、ダンス競技を行い最後まで楽しんで参加し、「優かと7人のサムライ」チームが229点で優勝しました。

いわき養護学校との交流が行われました!

 7月4日(金)午前中、いわき養護学校と平養護学校との高等部が交流会を行いました。
 本校代表生徒による進行で、平養護学校生徒会長より歓迎のことば、各校校歌披露、班ごとの自己紹介、班対抗オリエンテーリングの後、表彰式を行いました。両校合わせて45名の生徒が参加しながら積極的に親睦を深め、みんなも楽しい時間を過ごすことができました。

福島県主催事業「ふるさと福島」発表会に参加

福島県主催事業「『ふるさと福島』魅力いっぱい!発掘プロジェクト」発表会

 1月16日(木)に郡山市民文化センターで行われた「『ふるさと福島』魅力いっぱい!発掘プロジェクト」プレゼンテーション発表会に、高等部の生徒全員で参加しました。


 このプロジェクトは福島県が主催し、福島県内の小学生から高校生までの子どもたちが、自分たちの目線で福島県の観光スポットの魅力について調査や研究を行い、旅行会社のアドバイスを受けながら旅行プランを企画して、プレゼンテーション大会で発表するというものです。

 本校では、今年度発足した高等部のボランティア部が応募した企画「バリバリ!バリアフリー!サンシャインいわきの旅」が一次審査を通過し、中学部と高等部の生徒たちが2学期の校外学習で「アクアマリンふくしま」や「いわき市石炭・化石館」などいわき市内の様々な施設を訪れ、バリアフリーへの配慮を調べて、遊んで学べるいわきの旅行プランを作成しました。


 プレゼンテーション発表の当日には、ボランティア部の生徒たちのステージ発表はもちろんのこと、高等部の生徒全員で応援旗や楽器を使って発表を大いに盛り上げ、いわきの「おもてなし」の心をアピールすることができました。惜しくも入賞は逃しましたが、全員が一丸となって発表することができ、充実感で満たされた表情で帰校しました。

4台のバスで会場に向かいました

中通りにはまだ雪が…。白い風景に驚きです
会場となった郡山市民文化センターの中ホール
応援旗の準備も万端です
発表直前の舞台裏…緊張の表情です
発表の様子