寄宿舎

寄宿舎の様子

体験入舎

 

4月下旬に小学部生が体験入舎を行い、1泊2日の日程で寄宿舎生活を体験しました。


 最初は、緊張した様子も見られましたが、寄宿舎にいる友人とおやつを食べたり、一緒にゲームをして遊んだりと、かかわりを深めるうちに笑顔が見られるようになりました。絵文字:笑顔 在舎生たちも自分たちがお兄さんと感じたのか、日課やきまりを教える場面があり、とても頼もしい姿が見られました。

 寄宿舎では、日課に沿って生活しています。みんな自分で洗濯をしたり、掃除をしたりと身の回りのできることを自分でやりながら、将来に向けて必要な力を身に付けています。もちろん寄宿舎の先生や友人もいますので、手伝いが必要なときは手伝ってもらったり、協力したりして頑張っています。

 

 今回、体験生にとっては、貴重な経験となったことと思います。


平成27年度スタート

 この春も新入舎生を迎え、新年度のスタートです。絵文字:笑顔

 新入舎生にとっては、新たな生活の始まりですが、歓迎会などの行事を通して在舎生とはすっかり仲良くなり、元気に楽しく毎日を送っています。

<入舎式>

 4月7日(火)に入舎式を行いました。保護者の方が見守るなか、少しでも自分ができることを増やしていきたい」と誓いの言葉を述べ、とても頼もしいかぎりでした。


<歓迎会>

 4月8日(水)に歓迎会を行いました。レクリエーション“はじめましてじゃんけん”では、次々に出会う人と自己紹介をする活動を行い、和やかな雰囲気でたくさんの友人と話をすることができました。




<舎生会総会>

 4月22日(水)に舎生会総会を行いました。寮務部長佐原先生の「協力することで、強力になる」という言葉をしっかりと受け止め、自分たちの生活がより良くなるようにと、みな真剣に臨んでいました。

 


端午の節句!

  4月20日(月)、まもなく「端午の節句」なのでで舎のランチルーム(1階)とサロン(2階)に立派な兜が飾られました。
             ランチルーム              サロン
   

  「端午の節句」は5月5日にあたり、「菖蒲〔しょうぶ〕の節句」とも言われます。強い香気で厄を祓う菖蒲やよもぎを軒(のき)につるし、また菖蒲湯に入ることで無病息災を願いました。 
 また、「菖蒲」を「尚武〔しょうぶ〕」という言葉にかけて、勇ましい飾りをして男の子の誕生と成長を祝う「尚武の節句」でもあります。 
 江戸以降は男子の節句とされ、身を守る「鎧」や「兜」を飾り、「こいのぼり(※)」を立てて男子の成長や立身出世を願ってお祝いをします。また、初節句(男の子が生まれて初めての節句)にはちまきを、2年目からは新しい芽がでるまで古い葉を落とさない事から「家督が途絶えない」縁起物として「柏餅」を食べます。
   地方によっては、子供の行事としてだけでなく、田の神を迎えるための禊の名残として菖蒲湯に入る習慣も残っているようです。 
※登竜という激流(登竜門)を鯉が登ったという中国の伝説を受け、鯉には出世と健やかな成長を願う親の気持ちが託されています。
 端午の節句は奈良時代から続く古い行事です。もとは月の端〔はじめ〕の午〔うま〕の日という意味で、5月に限ったものではありませんでした。しかし、午〔ご〕と五〔ご〕の音が同じなので、毎月5日を指すようになり、やがて5月5日のことになったとも伝えられます。
 当時は邪気を避け魔物を祓う薬草とされていた「菖蒲」を、よもぎと共に軒にさし、あるいは湯に入れて「菖蒲湯」として浴しました。
 時代が武家社会に移るにつれ、これまでの風習が廃れ、代わりに「菖蒲」と「尚武」をかけた尚武(武士を尊ぶ)の節句へと移っていきます。この流れを受け、江戸時代には徳川幕府の重要な式日が5月5日と定められ、大名や旗本が式服で江戸城に参り、将軍にお祝いを奉じるようになりました。また、将軍に男の子が生まれると、玄関前に馬印〔うましるし〕や幟〔のぼり〕を立てて祝いました。こうして時代と共に男の子の誕生と成長を祝うお祭りへとなっていきました。
 男の節句とされていたので昔は鎧や兜はお父さんやおじいちゃんが飾るのが習わしでしたが、現在では特にこだわる必要はないそうです。4月中旬までには飾りの準備を終わらせ、当日か前日の晩には両家両親や知人を招き、縁起物のご馳走でもてなします。 また、今でも「強い香気による厄払い」という意味が込められた「菖蒲湯」には性別年齢関係なく入浴しています。(日本文化いろは辞典より)


日常生活

 新しい年を迎えて寄宿舎生活も1ヶ月が過ぎました。
毎日のように寒い日が続く中、インフルエンザの流行もあり体調を崩してしまった舎生もいましたが、新しい気持ちを持ちつつ年度のまとめの時期として落ち着いた生活を送っています。

 先月には第3回目の避難訓練が行われました。今回は階段を使用しての避難も行いました。。少人数での実施となりましたがお互いの不安な気持ちを支え合い、協力して自分達の身を守る訓練ができました。

 また、日常生活においては給食委員会作成の新聞「もぐぱくだより」の発行生活委員会呼び掛けの「下校後のうがい手洗い」の継続、体調管理のため起床後、下校後、就寝前の体温計測など冬の寒さに負けない生活作りが行われています。

節分(豆まき)

 本校寄宿舎では、一日遅れの2/4(水)に豆まきを行いました。

みんなが食堂に集まり一斉に「鬼は外!」「福は内!」と大きな声を響かせて豆をまきました。その後、居室に移動し豆まきをしていると、鬼が登場!絵文字:絶望
舎生たちはびっくりしていました。中には怖がる舎生もいましたが、勇気を振り絞り一生懸命に豆をまいて鬼を追い払いました。

そして、今年一年の邪気払いと福を呼び込むことが出来ました。


平成26年度 寄宿舎クリスマス会

 

12月10日(水)、寄宿舎の3大行事クリスマス会が行われました。

 

 10月半ばからみんなで計画を立ててきて、とても楽しみにしていました。男子は『劇白雪姫』、女子は『アナ雪ショー』を発表しました。男子はそれぞれの役を自分の好きなキャラクターに扮して演じ、女子はアナ雪をイメージした衣装を着て、マジックやクイズ、歌などを披露しました。どちらの発表も大盛り上がり!!

 食事はみんなのアンケートで決めたメニューでボリューム満点!! 最後は、クリスマスプレゼント争奪(舎生対先生)ビンゴ大会!これも大盛り上がり!クリスマスプレゼントは翌朝の目覚めたときに机の上に置いてあったそうですよ♪絵文字:星絵文字:星絵文字:星








マナーについて振り返る会

 11月12日(水)「マナーについて振り返る会」が行われました。

 毎年行っているマナー講習会は、中学部生・高等部生を対象に「食事」「公共」「電話応対」「訪問」「冠婚葬祭」などの項目について学んでいきます。今年度も5月から10月にかけて実施してきました。

マナー講習や今回の振り返る会をとおして学んだことを、これからの寄宿舎生活にしっかり生かしてほしいと思います。


委員会活動の様子

 生活委員会のメンバーでポスターを作成しました。
まずは、寄宿舎のみんなに何を伝えていきたいかを考え“新聞を読もう”“笑顔で生活しよう”の2枚のポスターを掲示することにしました。

 2人1組でポスターを作り、どのようなレイアウトにするか、どこにどんなイラストを入れるかなど、それぞれのグループで具体的に話し合い形にしていきました。

 2枚の素敵なポスターが出来上がり、自分たちで食堂の壁に掲示をして呼びかけを行っています。絵文字:笑顔


クリスマス会の準備

 

 寄宿舎の三大行事のひとつ「クリスマス会」が12月10日に行われます。

 

 今年のクリスマス会のテーマは

「みんなでつくろう!パーティーでParty(パーリー)!!」

昨年に引き続き、男子棟・女子棟グループに分かれての余興発表がメインとなります。現在は、各グループとも余興の発表に向けて話し合いや練習をしているところです。コンセプトは「見ている人を楽しませる発表!」どんな発表が飛び出すのか、今から楽しみです!!

 また、クリスマスツリーはもちろんのこと☆鏡にジェルやステンドグラス風の飾り付けもしました。絵文字:星



後期舎外活動

 10月1日(水)は待ちに待った舎外活動でした!イオンいわき店で買い物や食事をしてきました。

 はじめみんなでアイスを食べました。みんなで食べるとよりおいしく感じられました。その後はグループごとに分かれて自分の欲しいものを買ったり、どんなものを食べるか友達同士で相談したりしながら決めました。「どんなものを買ったの?」とみんなで集まり、話す場面も見られました。絵文字:笑顔

 自分たちで計画的にお金を使い、予算内で活動できました。楽しみながら今後の生活に生かすことのできる、よい経験となりました。



避難訓練

 9月10日(水)に今年度2回目の避難訓練が行われました。

 今回は火災が発生し、学校グラウンドへ避難をする想定でした。19時過ぎに訓練が始まりましたが、外は真っ暗!ヘッドライトや懐中電灯の明かりを頼りに、迅速に安全に避難できるよう訓練しました。

 訓練が終わってから、食堂に戻って教頭先生のお話を聞きました。
「日頃から万が一に備える心構え」について、再確認しました。


お月見会

 9月8日(月)にお月見会が行われました。

 始めに、お月見の由来を聞きました。世界の地域によっては、月の模様がウサギ以外に見えることを知りました。

 その後、サロンや食堂、玄関にお月見飾りを飾りました。そして今年は外に出て、実際にお月見をしました。あいにくの曇り空、月が隠れてよく見えませんでした。

 最後に、お月見にまつわる紙芝居を指導員が読み聞かせしました。その話を舎生は夢中になって聞いていました。

 会が終わった後、雲が切れて月が出て来たので、その月を見ました。きれいな月を見られたので、みんな喜んでいました。



花火大会

 

 
9月3日(水)に花火大会が行われました。

最初は各自に渡された手持ち花火を、先生と一緒にしました。

次に吹き上げ花火をみんなで見ました。赤や青、金色や銀色などいろいろな色の花火が吹き出していました。花火の炎が上がるたびに歓声が起こっていました。



丁寧清掃

 寄宿舎では毎日掃除の時間があり、居室ごとに掃除を行っています。1学期が終わる…ということで、7月14日~17日(木)の4日間、いつもの掃除の時間に10分プラスして、学期末の丁寧清掃を行いました。窓、机の引き出し等の細かい部分まで、感謝の気持ちを込めながら清掃し、居室はピカピカになりました。
 これで2学期からも、気持ちよく寄宿舎生活を送れそうです


夏祭り

 79日(水)に待ちに待った“夏祭り”が行われました。
今年は出店(さかな釣り/おばけボウリング)と食事(流しそうめん)の2部構成でした。


 出店では、それぞれ自分たちで制作した魚を釣ったり、おばけのピンを倒したり…。楽しく且つ真剣に!取り組んでいました。



 

 食事の“流しそうめん”では、
一生懸命準備に取り掛かってきたこともあって、目標としてきた“日本一おいしい流しそうめん”が完成!そうめん以外にもトマトやさくらんぼ…色々な食べ物が流れてきて、さあ大変!おいしく楽しい食事の時間になりました。

 


 絵文字:星
今年も思い出に残る夏祭りになりました。絵文字:星


前期舎外活動&夏祭り準備

<前期舎外活動>
 6月11日(水)に舎生達が楽しみにしていた「前期舎外活動」に行ってきました!!
 ボウリングでは指導員や舎生同士でペアを組み、スコアを競い合う・・・はずが!珍プレー好プレー続出で大盛り上がりの大笑い!とても楽しい時間を過ごしました。
 ボウリングの後はみんなで回転寿司へ。持参したお小遣いの範囲内でおなかいっぱい食べました。お会計もそれぞれ自分たちで行い、楽しくおいしく、そしてよい経験ができました。



<夏祭り準備>

 7月9日(水)開催の「寄宿舎夏祭り」に向けた準備が随時行われています。今年は「日本一おいしい流しそうめんを食べよう」を目標「水路の組み方の工夫」や「流れるそうめんを取る工夫」等を指導員と一緒に意見交換しながら活発な話し合いが行われています。
               

避難訓練

 第1回目の寄宿舎避難訓練は5月22日(木)に行いました。

 事前指導では、ヘルメットの着用の仕方や避難の仕方をしっかりと学びました。特に新入舎生は真剣に話を聞く姿がありました。
 当日は、22時に1階厨房が火災になった想定で避難訓練を行いました。舎生それぞれが指導員の指示に従って速やかに建物から避難し、学校正面玄関に集合することができました。

 寄宿舎では、年3回このような避難訓練を実施していきます。次回は9月頃を予定しています。
いつ起こるか分からない災害に備えて、日頃からしっかりと準備をしていきたいと思います。




歓迎会・しょうぶ湯

<歓迎会>

 寄宿舎の新しい仲間が増え、5月7日(水)に歓迎会が行われました。

 当日は「好きなもの」「嫌いなもの」などの内容で自己紹介をしました。また、しりとりゲームをしてチームごとにタイムを計ってどちらが早いか競争をしました。タイムを計るとドキドキ感が増すようで、とっさに出る言葉がおもしろく、みんなで笑い合いました。最後にケーキを食べて和やかな時間を過ごしました。絵文字:良くできました OK

<しょうぶ湯>

 寄宿舎では連休明けの5月8日(木)に「しょうぶ湯」に入りました。しょうぶ湯に入る前には、由来を知る機会も設けました。当日は、実際にしょうぶを手に取って触ったり、香りを確認するなど、特に初めて体験する舎生にとっては大きな発見となったようです。12月は「ゆず湯」も予定しています。

 このような昔ながらの季節行事を経験する機会を寄宿舎では大切にしていきたいと思っています。絵文字:笑顔





 

新学期スタート

 寄宿舎はこの春、3名の卒業生を送り出し、新たに4名の仲間を迎えて総勢10名でのスタートを切りました。4名とも体験入舎を通してすっかり在舎生とは仲良しでしたので、初日から舎内は活気にあふれ、元気な声の飛び交う毎日が続いています。絵文字:笑顔

<入舎式>

 4月7日(在校生)・8日(入学生)に入舎式を行いました。おうちの方が見守るなか、校長先生から入舎許可を受ける新入舎生の表情は凜々しく、誓いの言葉も力強く、頼もしいかぎりでした。絵文字:昼

<舎生会総会>

 4月23日に舎生会総会を行いました。各委員会からの提案に対する質疑応答の場面もあり、自分たちの生活がさらによりよく充実するようにと、みな真剣に臨んでいました。

 この総会は、舎生全員で取り組む初めての寄宿舎行事でした。月一度の会合「潮・暁会」は今年度から「みんなの会」に名称変更し活動内容もリニューアルします。みんなの力をひとつに合わせ、明るく楽しい寄宿舎生活を送っていきましょう!絵文字:笑顔