寄宿舎

寄宿舎の様子

5月みんなの会と1学期誕生会

 518日(水)に「みんなの会」と「1学期誕生会」が行われました。

 みんなの会では、役員会からのサマーフェスティバルのチーム名の発表、翌週の第1回避難訓練の確認、前期舎外活動の行き先やグループの発表などがありました。また、毎月の恒例である月別個別目標反省があり、4月の反省と5月の目標を一人ひとり発表して自分たちの生活の振り返りもしました。

 誕生会では、1学期に誕生日を迎える2名が抱負を述べました。その後、バースディソングを歌って祝い、会食を楽しみました。


みんなで作る寄宿舎 ~年に一度の舎生会総会~

 5月11日(水)に「舎生会総会」が行われました。今年度の舎生会の運営について、役員会・生活委員会・給食委員会それぞれが目標と活動内容を発表し共有しました。給食委員会の活動内容について、生活委員会の寄宿舎生が質問をし、給食委員長が答えるやりとりがありました。それぞれの委員会がどんな活動をしているのか相互に理解し合うよい機会になりました。

 
 年に一度の舎生会総会を終え、新たなメンバーでの舎生会活動がスタートしました。寄宿舎生活が一人ひとりの活動で成り立っているという意識をもちながら、自分たちの生活を充実したものにしていきましょう。


寄宿舎保護者会総会

 428日(木)に寄宿舎保護者会総会が行われました。

 学校の授業参観日に寄宿舎生の保護者の皆さまにお集まりいただき、平成27年度事業報告・会計報告、役員改選、平成28年度事業計画・会計予算案について話し合いをしました。

 今年度も保護者の皆さまにご協力をいただきながら、寄宿舎生一人ひとりが日々学び、日々成長できる居場所を作っていきたいと思います。


4月のお楽しみメニュー

 420日(水)の夕食は「お楽しみメニュー」でした。お楽しみメニューとは毎月1回、寄宿舎生が考えた主食や副菜、デザートなどの献立のことです。今回は舎生会役員(※)が新入舎生を歓迎する気持ちを込めて、カレーピラフや春巻き、桜餅などの献立を考えました。お楽しみメニューを決めるときには、互いの好きな食べ物や苦手な食べ物を知り合ったり、譲り合って選んだりするコミュニケーションの場にもなっています。

 いつもにぎやかな食事の時間ですが、ひときわ盛り上がりました。来月はどんなお楽しみメニューか楽しみです♪

※寄宿舎には学校でいう「児童会・生徒会」のような自治活動組織として「舎生会」があり、会長、副会長、書記の3名が「役員」といいます

 

生活委員会と給食委員会

 420日(水)に今年度初めての委員会の話し合いをしました。本校の寄宿舎には、寄宿舎生活をより充実したものにするために、生活委員会と給食委員会の2つの委員会があります。

 1回目ということで委員長や副委員長を決めたり、昨年度の活動を振り返りながら今年度の活動内容や係分担、目標を考えたりしました。生活委員会の目標は、「積極的にみんなで声をかけ合いながら、役割を果たそう。」、給食委員会の目標は、「みんなが楽しく食事ができるよう食に関心をもって仕事をする。安全で清潔に気をつけて仕事をする。」になりました。

 どちらの目標にも「みんな」という言葉があります。だれでもない寄宿舎のみんなのために、みんなで協力し合いながら活動していきましょう♪


寄宿舎の避難訓練講習

 あの震災から5年。今年度寄宿舎では、避難訓練を昨年度より1回増やし、年間4回を予定しています。その事前学習として、420日(水)に避難訓練講習を行いました。

 はじめに、1階と2階それぞれの避難方法や避難経路の確認をした後、寄宿舎にある非常口マークを目印に、実際どこを通って避難したら良いか、動いて身体で覚えていきました。次に、防災頭巾やヘルメット、マスクの装着の練習をしました。夜間や電気がつかない場合を想定してヘッドライトのつけ方も確認しました。

 最後に、今年4月に発生した熊本・大分での災害を教訓に、いざというときに行動できるよう普段から心構えをしていこうと話をして、みんなで防災への意識を高めました。


歓迎会・4月のみんなの会

 4月13日(水)に今年度最初の行事である「歓迎会」が開かれました。在舎生が新入舎生をあたたかく迎える雰囲気の中、舎生会会長の歓迎の言葉を皮切りに、居室ごとに自己紹介や居室紹介、レクリエーション(「バツゲーム」はモノマネ!)をして盛り上がりました。

 続けて4月の「みんなの会」(舎生一人ひとりが月別目標や反省を発表したり、委員会や行事について話し合ったりする会のこと)が行われ、寄宿舎の「やくそく」や舎での過ごし方、委員会のメンバー決めをしました。

 新年度が始まり、新入舎生が舎生活で困っているときに、在舎生がさりげなく言葉をかけて手助けする姿がよく見られています。これから寄宿舎で衣食住や行事をともにする中で、在舎生や新入舎生のみんなが「なかま」になり、どのような化学反応を起こしていくのか楽しみでなりません♪

ようこそ、寄宿舎へ ~新入舎生2名の入舎式~

 桜咲く新年度、寄宿舎では新しい寄宿舎生や指導員が仲間入りし、新たなメンバーでの生活がスタートしました。

 46日(水)の始業式と47日(木)の入学式の日にそれぞれ、新入舎生2名の入舎式が行われました。新入舎生は保護者や指導員に見守られながら、学校長から入舎許可と激励の言葉をいただき、誓いのことばを次のように大きな声で読み上げました。

 中学部の新入舎生は、「寄宿舎生活では、みんなと協力し合って、楽しく元気に過ごし、少しでも自分ができることを増やしていきたいと思います。」とハキハキと誓いました。

 高等部の新入舎生は、「寄宿舎生活においても、高等部生としての自覚をもち、自分ができることに挑戦し続け、将来のために頑張りたいです。また、みんなと協力し合って、楽しく生活し、規正を守り舎生会や行事を盛り上げていきたいと思います。」と力強く誓いました。

 入舎式を終え、小学部から高等部までいるにぎやかな寄宿舎生の一員となりました。それぞれのペースで新生活に慣れながらドミトリー・ライフ(寄宿舎生活)を楽しんでいってほしいと思います。


リラックス方法

 日々生活する中で、疲れや悩みを溜め込んでいませんか?
 それはやがてストレスとなり、ドキドキする、体調不良、イライラする、逃げ出すといった様々な反応が出てきます。絵文字:ふーん そんな身体的、心理的、行動的な反応に対処する方法の一つに、リラックス法があります。リラックス法を通して、ストレスと上手く付き合うことができるようになると、疲れや悩みが少しやわらぎ、心と体がすっきりします。

 今回は、アロマ(香り)を使ったリラックス法を体験し、居室や家庭ですぐにできる方法を実演しています。寄宿舎生は、補助員の小野さんの実演を見て「今度、自分でもやってみよう」と参考にしていました。最後の感想では「学習の前や合間に気分転換できる」「疲れたときは、好きな香りと音楽で安らぎたい」などの声がありました。

 今後もまた違ったリラックス法を体験する機会を設けたいと思います。絵文字:キラキラ



卒業です!

 3月17日(木)は卒業式です。

 寄宿舎生の中にも学校を巣立つ生徒がいます。寄宿舎に入った頃は、寄宿舎生活になかなか慣れることができず、集団生活も苦手な様子がありました。しかし少しずつ、食事を楽しんだり、みんなと余暇を過ごしたり、話し合いに参加したりできるようになりました。今では、日課に沿って生活でき、最上級生として模範的な行動も見られるようになりました。

 先日行われた“卒業生を送る会”の中で、寄宿舎生と先生に向けた手紙を読みました。寄宿舎生一人一人をアンパンマンのキャラクターに例え、思い出や感謝の気持ちを表したメッセージを送っています。そして最後に、「ぼくが寄宿舎でいろいろできるようになったのは、みなさんと先生方のおかげです。先生方はジャムおじさんです。みなさんありがとうございました。ぼくはこれからも頑張ります。」と手紙を締めくくりました。手紙を読む姿は落ち着いており、とても頼もしくも見えました。

 これからも、あなたの頑張りを応援しています。


3月みんなの会・ガラス細工体験

 3月9日(水)16:00からみんなの会を行いました。

 今年度のメンバーで行う最後のみんなの会で、各委員会・役員会の年間反省をメインに進めました。お互いの反省を把握する良い機会となりました。また、意見箱に入っていた意見について、自分たちの舎生活をよりよく充実させようとしっかりと話し合いました。絵文字:四人


 みんなの会終了後には、講師の先生をお呼びして「ガラス細工体験」を行いました。それぞれカップやお皿に絵やシールでデザインを完成させ、また手作りのキーホルダー作りにも挑戦しました。初めての体験にみんなの目は真剣そのもので、とっても輝いていました。絵文字:笑顔 焼き上げをお店の方に依頼し、完成するのは一週間後です。どんな仕上がりになっているのかとっても楽しみです。



卒業生を送る会

 3月2日(水)16:00から寄宿舎で「卒業生を送る会」が行われました。

 今年度の卒業生は2人です。在舎生は卒業生の2人に喜んでもらえる内容を考え、話し合いを行い、練習を重ねてきました。当日は緊張しながらも心を込めて歌とメッセージを届けることができました。また、卒業生はお礼の気持ちを歌にして発表してくれました。互いに感謝の気持ちが存分に出ているとても温かな会になりました。
行事の中ではケーキの会食もありました。壁面の桜の木もとっても素敵でした。絵文字:キラキラ

 今年度のメンバーで過ごせる時間も残りわずかとなりました。
 一日一日を大切にして、過ごしてもらいたいです。



3学期誕生会!

 2月24日(水)に3学期誕生会を行いました。
 みんなでハッピーバースデーを歌ったのですが、今回はウクレレの伴奏付きでいつもとは違うハワイアンな雰囲気に…!歌の後は会食です。舎生会会長の乾杯の挨拶で始まり、誕生者へ1年間の抱負などを質問しながら楽しく歓談をし、ケーキを食べました。今回は、チョコロールケーキ、レアチーズケーキから自分で好きな方を選びました。会の終わりには、誕生者へプレゼントが渡され、今回も寄宿舎ならではの温かい会となりました。

渡邉弘俊文庫


 寄宿舎食堂の本棚の一角に、事務の渡邉弘俊さんが寄宿舎に寄贈した貴重な漫画本が置いてあります。ホッと一息つきたいとき、生徒達は読むようです。お父さん世代、一度は読んだ本だと思います。


岡山支援学校!


 お互いが交流を始めたのは、震災後、岡山支援学校の寄宿舎から本校の寄宿舎へ、励ましのお手紙をいただいたことがきっかけです。本当に心温まる激励のことばが寄宿舎生一人一人から届けられました。どんなにうれしかったことか今でも思い出されます。
 また、最近ではベルマークを送っていただきました。距離は遠いけれど心は身近にある岡山支援学校の寄宿舎のみなさん、今後も交流を深めていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。



ひな人形(寄宿舎)


  寄宿舎2階のサロンにりっぱなひな人形が飾られています。寄宿舎生の保護者のみなさんご存じでしたか?素晴らしくりっぱなものです。寄宿舎に来たときぜひご覧ください。


節分

 2月3日(水)に寄宿舎で豆まきを行いました。事前に「自分の直したいところ」をワークシートに記入しました。
鬼はそのワークシートを身にまとい、各居室に登場!

みんな怖がりながらも、一生懸命に豆をまいて、
鬼と「自分の直したいところ」を追い払いました!


新年の抱負

 1月13日(水)に毎月舎生の集まりである「みんなの会」が行われました。内容は、避難訓練の事前指導を行いヘルメット装着の練習をしました。またフリートークのお題は「新年の抱負」でした。その場は大いに盛り上がり、「みんな違って、みんな良い」抱負を発表しました。それぞれの抱負に向かって今年1年元気に過ごしてもらいたいと思います。

 寄宿舎職員一同、今年も子どもたちと一緒に過ごし、全力で指導・支援に努めていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

ウィンターフェスティバル

 12月16日(水)に寄宿舎の3大行事の一つウィンターフェスティバルが行われました。

 始めに役員が出演したオープニングDVDを見て、ウィンターフィスティバルがスタートしました。メインイベントは「人間すごろく」!舎生が自分たちで作ったすごろくで、チームごとに様々なゲームにチャレンジしながらゴールを目指しました。どのチームもメンバー同士協力してコマを進めていきました。

 夕食は、舎生からのリクエストメニュー!チキンやケーキなどお腹いっぱい食べて、みんな満足の表情でした!

 フィナーレは、舎生同士で準備したプレゼントを交換しました。どんなものが入っているのか、どきどき、わくわくのプレゼント交換となりました。

「輝く笑顔を一つにしよう!ウィンターフェスティバル!」のテーマ通り、笑顔あふれるウィンターフィスティバルでした。絵文字:笑顔

ジャンボかぼちゃの種取り~来年に向けて~

 以前にもお伝えした「玄関を秋色に染めていたジャンボかぼちゃ」でしたが、季節は冬になる…絵文字:雪 ということで幕を引くこととなりました。かぼちゃの中のふわふわとした触感を楽しみながら種取りを行い、たくさんの種を収穫することができました。

また来年、大きな実を実らせてくれることを願うばかりです。