日誌

ニュース

今日の給食(3月3日)


  本日は木曜日ごはんの日です。また、ひな祭りなので、「ひなまつり献立」でもあります。今日の献立は、色鮮やかななのはなちらし、めばるのからあげ、キャベツ・タケノコ・サヤエンドウ・にんじん・たまねぎのはるやさいサラダ、あさりのうしおじる、もものプリンでした。彩り良し、ボリューム良し、味ももちろん良し。おいしかった。ひな祭りって良い日ですね。ごちそうさまでした。





【豆知識】
○ひな祭り
 3月3日は「ひな祭り」。女の子の健やかな成長を願い、美しいひな人形を飾ってお祝いする、日本の春の伝統行事です。実はこのひな祭り、もともとは女の子のためのお祭りではなく、邪気が入りやすい季節に「穢れ」を祓うための儀式だったそうです。
  日本のひな祭りのルーツは、3世紀前後の古代中国で行っていた風習に基づくといわれています。中国では、“季節の変わり目は災いをもたらす邪気が入りやすい”と考えられ、3月最初の巳の日=上巳(じょうみ)に水辺で禊(みそぎ)*を行ったり、盃を水に流して自分のところに流れ着くまでに詩歌を読む「曲水の宴(きょくすいのうたげ)」を行う風習がありました。これがやがて遣唐使によって日本に伝えられ、禊(みそぎ)の神事と結びつきます。当初は、天子(天皇のこと)をお祓いするための儀式であったものが、平安時代には宮中行事へと変化したといわれています。川のほとりに男女が集まり、災厄を祓う「上巳の祓い」として、「曲水の宴」を催したり、草木や紙などでかたどった人形(ひとがた)で自分の体をなでて穢れを移し、川や海へ流す儀式が行われるようになりました。現在でも日本の各地で行われている「流し雛」は、この名残といわれています。(大人の心得帳より)

今日の給食(3月2日)


  本日は水曜日パンの日です。今日の献立は、クリームパン、とりのトマトチーズやき、ブロッコリー・ひじき・ツナのごまサラダ、はくさい・ハム・タケノコ・シメジの入ったやさいスープ、きよみオレンジでした。クリームパンはパン自体がほんのり甘く、またやさいスープはタケノコの存在感が大きくおいしかった。ごちそうさまでした。




【豆知識】
○清見(きよみ)とは
●ミカン科ミカン属タンゴール類
 清見オレンジ/きよみ/キヨミ清見は清見オレンジとも呼ばれ、静岡県静岡市清見区にある果樹試験場(現在の果樹研究所カンキツ研究興津拠点)で、「宮内早生温州」と「トロビタオレンジ(みやがわわせ×トロビタオレンジ)」を交配して作られた国内初のタンゴール類の品種で、1979年6月に育成地近くの海岸、清見潟にちなんで命名登録されました。
●清見の特徴
 清見の果実は200~250g前後で、黄橙色をしています。皮はオレンジの感じとよく似ていますがオレンジよりは剥きやすいと言う程度で、手で剥きやすいと言うほどではありません。果肉は種が少なく柔らかでとてもジューシーです。そのため、ナイフを使い、食べやすいようにクシ切りにして食べる方がいいでしょう。味はまさに温州みかんの味に、オレンジの香りといったところです。
●清見から新たな品種が生まれています
 清見は日本で最初に作られたタンゴールですが、この清見をもとに「不知火(デコポン)」や「はるみ」「せとか」などが生まれました。
                                                            (旬の食材百科より)

今日の給食(3月1日)


  本日は火曜日ごはんの日です。今日の献立は、ごはん、あいびき肉のハンバーグ、カリフラワーサラダ、はくさい・油あげ・こねぎのみそしる、バナナでした。ハンバーグはソースも大変おいしかったです。ごちそうさまでした。



【豆知識】
○『ハンバーグの日』はいつ?
 『ハンバーグの日』は8月9日です。味のちぬやが制定しました。。ハンバーグを夏休みの期間中でもあるこの日に、たくさん食べてもらいたいとの願いを込めて、日付は『ハ(8)ンバーグ(9)』の語呂合わせから決めました。


レイアウト変更!


 3月になりランチルームのレイアウトが変わりました。3月3日(木)ひな祭りのレイアウトになっています。気がつきましたか。一度見てください。



     

お昼の放送(2月25日)


  本日は木曜日、お昼の放送がある日です。今日のリクエスト曲は、高等部1年からビックバンのファンタスティックベイビーでした。今日のDJはY・Mさん、相変わらず軽快にこなしてました。また来週もよろしくお願いします。



     

今日の給食(2月29日)


  本日は月曜日ごはんの日です。今日の献立は、ごはん、さけのマヨネーズやき、きりこんぶのいために、だいこん・はくさい・にらのみそしる、キャベツ・きゅうりの酢の物でした。すべてがおいしく、幸せを感じながらいただきました。ごちそうさまでした。



【豆知識】
○「マヨネーズの日」は?
 3月1日は、マヨネーズの日。制定したのは、日本で最初にマヨネーズを製造・販売したとされるキューピーです。どうして3月なのか、それは、日本で最初にマヨネーズが販売されたのが、1925年の3月だったから。どうして1日なのか、それは、日本で初(1)にちなんでいるそうです。さて、マヨネーズの起源は、地中海はメノルカ島の港町、マオンという町で使われていたソースとされています。最初はマオンのソースという意味の「マオンネーズ」という言葉で呼ばれるようになり、その後、マヨネーズという言葉ができたとされています。そして、マヨネーズは、含まれている成分のおかげで、様々な効果を発揮すると言われています。マヨネーズの成分は、主に植物油、卵、酢、塩、辛子、など。例えば、酢や辛子などには、防腐効果や殺菌効果があると言われています。また、植物油と酢と卵がまざることで、乳化という反応がおき、それが、様々な料理の裏技につながるのだとか。例えば、ハンバーグやホットケーキを作る際、マヨネーズを混ぜると、ふっくらと仕上がったり、チャーハンを炒める際、油のかわりにマヨネーズをしいて炒めると、ご飯がパラパラに仕上がったりするそうです。

今日の給食(2月26日)


  本日は金曜日めんの日です。今日の献立は、サンラータンめん、サワラのねぎソースがけ、ごぼうサラダ、杏仁豆腐でした。今日もおいしくいただきました。ごちそうさまでした。



【豆知識】
○サンラータンめんとは?
 酸辣湯(サンラータン)は、中華料理(四川料理・湖南料理)のスープのひとつ。酢の酸味と唐辛子や胡椒の辛味と香味を利かせた、酸味豊かな辛みのあるスープで年間を通して食べられる料理。鶏肉、豆腐、シイタケ、キクラゲ、タケノコ、長ネギ、トマトなどの具材を使ったスープを、食塩、醤油、生姜汁で調味し、たっぷりの酢と唐辛子あるいは胡椒を加える(唐辛子の代わりにラー油を使う場合もある)。片栗粉でとろみをつけた後、溶き卵を流し込んで仕上げる。

茹でた麺を加えて(酸辣湯麺として)食べることもある。

今日の給食(2月25日)


  本日は木曜日ごはんの日です。今日の献立は、チキンカレー、はくさいサラダ、にらたまスープ、はるか(?)でした。大鍋で作るカレーは本当においしいですね。また、はるか(?)も甘くておいしかった。ごちそうさまでした。





【豆知識】
○はるか
 「はるか」は、「日向夏(ひゅうがなつ・ニューサマーオレンジ)」の実生(種から育つ事)から選抜育成された品種で、平成8年に品種登録されたまだ新しい柑橘です。
 昭和55年に福岡県の石井氏が自宅の庭において「日向夏」の自然交雑実生を発見し、57年高接ぎ樹を育成、61年初結実、以後、増殖を行いなががら、特性の調査・確認を行い育成を完了した品種です。 
 はるかは、レモンのような見た目に反して酸味が少なく、カットした途端広がる爽やかな香りで春の訪れを感じさせてくれます。
 ゴツゴツとした、酸っぱそうな皮からは想像できない上品な甘さで、酸味の少ないぷるっとした食感が人気です。


今日の給食(2月24日)


  本日は水曜日パンの日です。今日の献立は、しょくパン、カラフルミートローフ、ひじきのガーリックソテー、だいずのスープ、プチトマトでした。カラフルミートローフは本当においしそうです。食べたかったなー。



今日の給食(2月23日)


  本日は火曜日ごはんの日です。今日の献立は、ごはん、こっくりぶたジャガに、こまつなとさくらえびのからしじょうゆ、わかめ・とうふ・たまねぎのみそしる、イチゴでした。
 こっくりぶたジャガにおいしそうですね。彩りも最高!