高等部

高等部の様子

3校交流

 12月11日(金)いわき養護学校で、富岡養護学校を加えた3校で交流会を行いました。全体交流で、齋藤校長先生から「交流を重ねることで、お互い友情を深めていってください。」とあいさつが、いわき養護学校生徒代表より心温まる歓迎のことばをいただきました。レクリエーションは班対抗ゲームで紙ボールターゲットを行い、その後、「ジングルベル」「友だちはいいもんだ」等の歌を歌いました。最後は、全生徒で見送ってくれ、生徒達は本当に楽しい交流だったと、大変喜んでいました。

     

     

     

     

     

    

冬休みの生活

 3学期も始まり、冬休みの過ごした結果について各クラスで発表されています。規則正しく過ごした児童生徒、休みを十分満喫した児童生徒、自分の興味があることが出来た児童生徒、家族と旅行に行った児童生徒等様々です。記録と記憶に残る思い出がいっぱい残ったようです。良かったね。

     

     

     

いわき総合高校との交流

 12月10日(木)高等部1ブロックが、いわき総合高校へ出かけて2校交流を行いました。福祉系列2年生の「介護福祉基礎」の授業に参加させていただき、クリスマスをイメージした掲示物を共同で作成しました。授業を選択している生徒さん達にとても温かく迎えていただき、リラックスした雰囲気の中で取り組むことができ、班ごとに少人数で活動しながら、楽しく会話をしながらの交流となりました。

合同音楽(高等部)

 12月14日(月)2校時プレイモールで、高等部の合同音楽の授業が行われました。発表は、①3B、②ピアノが得意な生徒、③1・2Bの3つでした。その後、「クリスマスソング」、「友達はいいもんだ」等をみんなで歌い演奏しました。素敵な授業を見させていただきました。ありがとうございました。

     

     

     

東京大学へ

 1月23日(土)平養護学校ボランティア部が、東京大学本郷キャンパスで行われる東京大学REASE公開講座「福島の高校生が日本を元気にする2」で、活動発表をしてきます。この公開講座で発表するのは他に、平工業高校生徒会、福島高校SSH部放射線班です。下記により行われますので機会があればぜひお聞きください。入場無料です。
                                      記
1 日時 2016年1月23日(土)13時30分開場
2 場所 東京大学本郷キャンパス 経済研究科棟 地下1階 第一教室
3 日程 14時~    開会のことば
          14時10分~  講演「福島県の高校生の先進的な社会活動と課題解決学習」                      前川直哉 先生
          14時40分~ 平養護学校による活動発表
          15時30分~ 平工業高校による活動発表
          16時10分~ 福島高校による活動発表
          16時50分~ 閉会のことば


高校生新聞

 高校生新聞の2ページ高校生の活躍というコーナーに、ふくしま社会活動コンテストの記事の中で、最優秀賞の本校が取り上げられました。その記事を紹介します。
題:ボランティア「する側に」
 平養護学校の生徒会・ボランティア部は、三浦宰君(1年)が発表した。2012年に当時の生徒が始めたボランティア部は、街頭での献血の呼びかけや、ネパール大地震の支援募金、古書を寄付するプロジェクトなどに取り組んできた。発足時、三浦君は中学部の生徒。「それまでボランティアはされる側だと思っていた。先輩の活動を知り、自分もやりたいと思った。」と語る。


高等部Gallary

 高等部ギャラリーを高等部の廊下に3ブロックの生徒が開設いたしました。生徒一人一人の個性あふれたなかなかの力作揃いで見応えがあります。「ぜひ見に来てください。」と生徒達が言っています。待ってまーす。

     

    

    

    

    

    

    

    

    

    

    

お帰りなさい!

 11月13日(金)午後5時30分、高等部修学旅行隊が帰ってきました。3日間にわたり天気は良好、大きなトラブルもなく、参加者全員が修学旅行を楽しめたようでした。旅行隊の到着を待っていた先生方が、「おかえりなさい」の横断幕(?)を持って、出向えました。

    

    


修学旅行(高等部)

  本日11月11日(水)高等部が、2泊3日の修学旅行に元気に出発しました。初日は、国立博物館、国立科学博物館、NHKスタジオパークを、2日目は、東京ドーム「野球殿堂博物館」、劇団四季を、3日目は、東京ソラマチ・スカイツリーを見学予定です。天気も良さそうなので楽しい修学旅行になりそうです。

  

  

  

  

  

取材に!

 11月6日(金)東京大学・経済学研究科・経済学部 教授 松井彰彦先生が平養護学校の生徒活動を取材に来てくださいました。取材のきっかけは、18日(日)に福島テルサで行われた「ふくしま高校生社会活動コンテスト」での本校ボランティア部の発表を聞いて活動状況を見たいということからです。
 この取材内容は、担当している朝日新聞の「読み解き経済」で紹介されるそうです。
 また、取材の途中に先日の「平養祭」でお披露目をしたみんなの笑顔で作成した壁画を見て、その素晴らしさに感動していました。
  その後、進路指導主事の面川先生と本校の進路指導を、高等部ボランティア部の生徒と先生に活動状況を取材されました。今後松井先生より朝日新聞の「読み解き経済」で紹介されると思います。紹介されたらホームページで報告します。