日誌

ニュース

手作りクッキー!


 3月15日(火)小学部2年3組の児童のみなさんが生活単元学習の授業で作った「手作りクッキー」をいただきました。日頃大変お世話になっているみなさんに感謝の心をこめて作ったクッキー、おいしいに決まっている。良く味わいながらいただきます。事務室のみなさんも「日頃の疲れなんか吹っ飛びました! 本当にありがとうございます。」と大変感謝していました。

  

  

今日の給食(3月16日)


  本日は水曜日パンの日です。今日の献立は、チョコレートクリーム付きロールパン、ポテトみそチーズやき、キャベツ・きゅうり・ハムの入ったにんじんサラダ、はくさい・しいたけ・ねぎの入ったたまごスープ、りんごでした。大変おいしくいただきました。ごちそうさまでした。
 なお、明日は卒業式のため給食はお休みです。残念!





【豆知識】
○りんごについて
「西洋リンゴ」と「和リンゴ」と呼ばれるものがあります。
 リンゴが日本に渡来したのは、平安時代中期(900年頃)とされています。 当時は「和リンゴ」という粒の小さな野生種…いわゆる「観賞用」のりんごでした。
 今日、栽培されている「西洋リンゴ」とは全くの別物です。では、現在食べられている「西洋リンゴ」が普及したのはいつ頃でしょう? それはアメリカから75品種を輸入、苗木を全国に配布した明治4年(1871年)以降です。その後栽培は定着、今市場に出ているのは30品種にあたります。
 また、品種改良中のものや研究材料として栽培しているものを含めると・・・200種にも及ぶと言われています。
※「彦根りんご」は「和リンゴ」、「ふじ」は「西洋りんご」です。

レイアウト変更2!


 3月中旬になりランチルームのレイアウトが変わりました。「下心より舌心」のレイアウトになっています。気がつきましたか。一度見てください。内容が面白いですよ。



今日の給食(3月15日)


  本日は火曜日ごはんの日です。また、「♪卒業・終了お祝い献立♪」でもあります。今日の献立は、たいめし、ニンニク風味のとりのからあげ、なのはな・にんじんのおひたし、みつば・わかめ・はなふ・ほたて・さやえんどうのすましじる、ミニストロベリーパフェでした。鯛飯は、たいとごはんの甘さに桜の塩漬けが入っていてちょうど良いバランスに仕上がっていました。パフェにはふたの上に「お祝い」の文字を入れるなど心細やかな気配りを感じました。大変大変おいしくいただきました。ごちそうさまでした。





【豆知識】
○鯛めしとは
 鯛めし(たいめし)は鯛を素材とする郷土料理の一つである。鯛めしの歴史は古く、神功皇后の朝鮮出陣の頃には作られていたようです。瀬戸内海で育った鯛の味は格別で、その鯛を姿のままに炊き込んでいます。それは、皇后が鹿島明神に戦勝祈願した折、漁師たちから献上された鯛を吉兆と喜び、その鯛でご飯を炊いて供えたことからと伝えられています。

出前美容師さんに感謝!


 3月14日(月)中学部小日山君の叔父さん室井さんが、児童生徒達のカッティングのため東京から来てくれました。あの活発な子ども達が、室井さんの指示に従ってじっとしています。きっとかっこよく、きれいにしてもらえるのを知っているのでジッとしているんだろうな。「今日もきれいに仕上げていただきまして、ありがとうございました」と、児童生徒達が感謝のことばを言ってました。次年度もよろしくお願いいたします。

    

高校生新聞賞

 本校高等部3年2組の吉田渉君が「高校生新聞賞」を受賞、3月11日(金)体育館で賞状伝達を行いました。吉田渉君は、第52回、第53回福島県障がい者総合体育大会陸上競技のソフトボール投げに出場し連続して優勝しました。また、第12回、第13回、第14回福島県特別支援学校スポーツ大会陸上競技のソフトボール投げの部で優勝、大会三連覇を果たすとともに、第13回大会では「67m34」の大会記録を作りました。自分の体調を整えながら、一生懸命練習して優秀な成績を収めたことが認められ、今回の受賞につながりました。



 

合格発表(前期選抜)


  3月14日(月)正午、児童生徒昇降口で前期選抜の合格発表が行われました。生徒は自分の受験番号と合格者番号を真剣に照合し、合格の喜びを体で表現していました。合格おめでとう。いよいよ4月からは高校生です。自覚を持って勉強を頑張りましょう。保護者のみなさんも、お子様の合格おめでとうございました。今夜はごちそうだろうね。



     

     

     

今日の給食(3月14日)


  本日は月曜日ごはんの日です。今日の献立は、ごはん、かにクリームコロッケ、ほうれんそう・まやし・にんじんのからしあえ、とんじる、デコポンでした。とんじるを良く見てください。なんとナルトにはハートマークが入っています。調理員さんの愛情がたくさん入っているのを感じますね。おいしかったです。ごちそうさまでした。



【豆知識】
○"なると巻"について
1 なると巻きとは?
 昆布に魚肉のすり身をのばして巻いて蒸したもの。また、すり身に色をつけた一枚を巻きこんで蒸したもの。小口切りにした断面が渦巻模様となる(出展:広辞苑) 
2 なると巻きの登場!
 なると巻は、農業博士 清水亘氏の「かまぼこの歴史」(日本食糧新聞)によると、『蒟蒻百珍』(1846年)に”鳴門(門)くはしこんぶを敷、その上へ平作りなるをひたとならべ、湯波をしき、其上にすり肉魚をうすくのべ、小口より巻、煮もの、さしこみ、又は取ざかな。”とあり起源らしい。
3 なると巻きとラーメン
 「蕎麦辞典」(植原路朗著・東京堂出版)によると、江戸後期に、かまぼこをあしらった"おかめ蕎麦"が登場し、明治中・後期の"五目蕎麦"にナルトが登場。そして、支那そばが日本的(東京風)ラーメンとして変容する過程において具の仲間入りを果たしたのではないかと考えられている。
4 "なると巻"製造の歴史
 昭和 8年  鳴門巻き製造専門業者ができる 
 昭和28年  鳴門巻き成型機導入 
 昭和35年  水封入式蒸し機が開発される 
 昭和49年  製造工程が全面的に自動化 
 昭和55年  過酸化水素の使用が禁止され、以後は真空加熱殺菌包装で出荷 
                 出展:焼津蒲鉾史年表(焼津蒲鉾商工業協同組合)
5 "なると巻"生産地
 静岡県焼津市
 なると巻は、静岡県焼津市焼津で全国生産高の約70%が生産されている。

今日の給食(3月11日)


  本日は金曜日めんの日です。今日の献立は、みそラーメン、ちゅうかつくね、ワカメのすのもの、いちごでした。今日もおいしくいただきました。ごちそうさまでした。

 

 ◎ラーメンの種類
     
       みそラーメン           塩ラーメン            しょうゆラーメン

        
     タンメン               チャーシューメン          豚骨ラーメン
 
    
     パーコーメン          ワンタンメン               広東メン

震災から丸5年!


 東日本大震災から今日で丸5年になります。この震災で亡くなった人の数は1万5000人を超え、いまだ2561人が行方不明となっています。3月11日(金)平養護学校でも、校庭の掲揚塔に半旗を掲げ、午後2時46分に犠牲者を悼み黙祷をささげました。一にも早く復興することを願い、平養護学校もみなさまと協力しながら、共に頑張っていきたいと思います。